12月4日から!今年最後の楽天スーパーSALE開催

【最高っ!】日本版Xiaomi Smart Band 7 Proレビュー|ビジネスでも使えるスマートバンド

Xiaomi smartband7 pro

・楕円形ディスプレイはスポーツ以外では使いにくい。

・軽量でGPS内蔵のスマートウォッチがほしい

といままでのXiaomiスマートウォッチに不満を持っていた方も多いはず。

新発売の「Xiaomi Smart Band 7 Pro」は今までのXiaomi Smart Band 7Redmi Watch 2 liteのいいとこどりをしたスマートバンドに。

Xiaomi Smart Band 7 Pro
 (4.5)
Xiaomi Smart Band 7 Proの特徴

GPS内蔵でスマホなしで身軽にランニング
Alexa対応で音声操作
・110種以上のスポーツモード&新モード「競争」搭載
・150種類以上のウォッチフェイスでさまざまなシーンに対応
・5ATM防水&12日間持つロングバッテリー
・長方形の1.64インチ有機ELディスプレイ搭載
・SPO2常時モニタリングなど健康モニタリングが充実

Xiaomi Smart Band 7より50%拡大したスクウェア型1.64インチ有機ELディスプレイを採用。

金属光沢のあるフチまわりでデザイン性もアップし、仕事でも使いやすくなりました。

本記事では、そんなXiaomi Smart Band 7 Proのスペックの特徴を紹介していきます。

 

Xiaomi Smart band7の特徴7つ

Xiaomi smart band 7 proのスペック・特徴は下記の7つです。

Xiaomi Smart Band 7 Proの特徴

・GPS内蔵でスマホなしで身軽にランニング
・Alexa対応で音声操作できる
・110種以上のスポーツモード&新モード「競争」搭載
・150種類以上のウォッチフェイスでさまざまなシーンに対応
・5ATM防水&12日間持つロングバッテリー
・長方形の1.64インチ有機ELディスプレイ搭載
・SPO2常時モニタリングなど健康モニタリングが充実

りくたろ
りくたろ

個人的にはGPS内蔵と大きくなった有機ELディスプレイがアツい!

GPS内蔵でスマホなしで身軽にランニング

ウォッチのみでGPS測位できる

Xiaomi Smart Band 7 ProGPSを内蔵

GPSのないスマートウォッチだとランニングコースをトラッキングするには、スマホを携帯しなければなりません。

走るときにスマホがポケットにあると邪魔なんだよね…

そんな方にはGPS内蔵ウォッチはめちゃくちゃ便利です。

・GPS(アメリカ)
・BeiDou(中国)
・GLONASS(ロシア)

・Galileo(ヨーロッパ)
・QZSS(みちびき-日本)

と5つの衛星システムで位置情報を正確に測位します。

Xiaomi smartband 7 proでGPSをトラッキング

GPSでランニングコースをトラッキングすれば、1キロごとのタイムをより正確に把握でき、トレーニングの質アップにもつながります。

Xiaomi smartband 7 proでトレーニング測定
りくたろ
りくたろ

スマホを携帯せず、身軽にランニングできるね。

Alexa対応で音声操作ができる

 Xiaomi Smart Band 7 ProAlexaに対応。  

りくたろ
りくたろ

アラームを音声操作で設定できるととっても楽だね。

ウォッチ本体の大きいスマートウォッチにはAlexa対応したものもありますが、たった32gのスマートバンド中にAlexaが入っているのに驚きです。

スマホとBluetooth 接続することでAlexa 対応製品を操作することもできます。

たとえばAlexa対応のロボット掃除機をスマートウォッチで動かすことも。

りくたろ
りくたろ

スマートバンドで音声操作できる時代がついにやってきました。

Alexaの設定方法

  1. アプリ「Mi Fitness」を開き、下部のデバイスを選択
  2. 「Amazon Alexa」をタップ
  3. Amazon アカウントでログインする

110種類以上のスポーツモード&新モード「競争」搭載

Xiaomi Smart Band Proは110種類以上のスポーツに対応。

ランニングだけでなく球技やウィンタースポーツ時の心拍数・消費カロリーまでチェックできます。

また新モード「コンペティション(競争)」がアプリに追加。

Xiaomiコンペティションモード

コンペティションモードでは設定した目標値を1%達成するごとに1ポイントを獲得。

どちらが1週間で多くポイントを獲得できるかを競います。

運動のモチベーションアップにもつながり、恋人や家族・友人と一緒にワークアウトを楽しめます。

りくたろ
りくたろ

自習室の勉強と同じで、一人だと挫折しがちだけど、友達と一緒なら継続できるね!

コンペティションモードは、アプリ「Mi Fitness」に追加された機能です。

すでに販売されていたXiaomiスマートウォッチでも使用できます。

150種類以上の ウォッチフェイスに対応

Xiaomi Smart Band Proでは150種類以上のウォッチフェイスからお気に入りを選べます。

りくたろ
りくたろ

ウォッチフェイスで雰囲気がガラリと変わるから重要だよね

秒針まで表示されるデザインも
  • 平日はクラシックなウォッチフェイスに
  • 休日にはファッションにあわせたカジュアルなウオッチフェイスに

とどんなシーンにも合わせることができます。

またスマホで撮ったお気に入りの画像をウォッチフェイス することも可能です。

実際のウォッチフェイスデザインは下記の動画で確認できます。

5 ATM防水対応&12日間持つバッテリー

装着したままプールも入れる

Xiaomi Smart Band 7 Pro5ATMの防水に対応します。

深水50m相当の防水等級で、プールでの水泳時にも着けたままでOK。

急に大雨が降ってきた時も心配ありません。

また通常使用で12日間持つロングバッテリーを搭載。

表示されているバッテリー持ちより全然もたないメーカーもありますが、Xiaomiスマートバンドは累計1億本以上販売され、世界中から高い評価を得ています。

フルでヘルスモニタリング&常時表示で使用して丸4日間は使用できました。

常時表示なしのヘルスモニタリングでは充電なしで1週間も持ちました。

バッテリー残量0日1日2日3日4日5日6日7日
常時表示あり100%78% 57%38%11%
常時表示なし100%85%73%56%39%26%14%1%
バッテリー残量の推移
【設定条件】

睡眠    :高度なモニタリングON&呼吸スコアON
ストレス  :終日モニタリング
心拍数   :連続自動モニタリング
血中酸素濃度:終日モニタリング
手首の返しで表示ON

りくたろ
りくたろ

週1~2回の充電だと、充電のストレスもないね。
1時間でフル充電できるよ!

1.64インチ有機ELディスプレイ搭載

Xiaomi Smart Band 7 Proはスクウェア型の1.64インチ有機ELディスプレイを搭載。

Xiaomi smart band7と比べて画面が50%も大きくなり、操作性も向上。

指紋防止加工をした2.5D マイクロ曲面ガラスを採用しフチまで自然にラウンドしています。

細部までクオリティの高いデザインが所有欲を高めてくれます。

りくたろ
りくたろ

スーツにも似合うデザインで使い勝手がいい!

睡眠・心拍数で健康状態を把握

 Xiaomi Smart Band 7 Proをつけているだけで健康状態もしっかり把握できます。

健康モニタリング項目

・心拍数モニタリング
・血中酸素レベル測定(常時モニタリング)
・睡眠モニタリング
・女性の健康トラッキング
・ストレスモニタリング
・呼吸エクササイズ

睡眠モニタリングは睡眠時間だけでなく、睡眠の質までチェックでき、体調管理にとっても役立ちます。

また本体が32gととても軽いため睡眠モニタリング時にも邪魔になりません。

睡眠モニタリングは、下記のように「睡眠の質」までモニタリングできます。

・深い眠り
・浅い眠り
・REM睡眠
・覚醒

りくたろ
りくたろ

客観的なデータがみれることで、体調管理がしやすくなるね!

仮眠も測定できる

Xiaomi Smart Band 7 Proでモニタリングしたデータは健康管理アプリ「STRAVA」や「Apple Health」に簡単に同期できます。 

Xiaomi Smart band7proの外観・付属品

日本版Xiaomi Smart band7proの外観・付属品を紹介していきます。

「開封の儀」動画はこちら↓

Xiaomi Smart band7 Proの付属品

Xiaomi Smart band7proの付属品は下記のとおり。

Xiaomi Smart band7proの付属品

・Xiaomi Smart band7pro本体
・充電器
・取扱説明書

日本版なのでもちろん取り扱い説明書にも日本語があります。

充電ケーブルはマグネット式です。

ACアダプターは付属していないので、充電時にはスマホの充電アダプターなどが必要です。

この形をみて「もしや…」と試してみたら、充電ケーブルはRedmi watch 2 liteの共通でした。

Xiaomi Smart band7 Proの外観をチェック

Xiaomi smartband 7 proはフチ回りに金属光沢もあり、Xiaomi smartband 7と比べ高級感が漂います。

厚みは11mmとスマートウォッチとしては、標準的なサイズです。

バンドはRedmi watch 2 liteと同じく自然なカーブをしている形状で、手首にすっと乗るような感覚でなじみます。

背面には心拍数、血中酸素濃度(SpO2)を測るセンサーや充電端子があります。

サイズはたて44.7mm×よこ28.8mmで、アップルウォッチより横幅が1㎝ほど小さく女性にも扱いやすいサイズです。

ディスプレイは鮮やかな有機EL。明るさ自動調整機能もついています。

日本版なので当たり前ですが「日本語」に設定できます。

LINE通知

実際にLINE通知を受けると、内容が約40文字ほど表示されます。

Xiaomi smartband 7 proのアプリ表示
メニュー画面の表示

メニュー画面のアプリレイアウトは2種類から選べます。

よりたくさん表示できる2列表示がおすすめ。

Xiaomi smartband 7 proの重量はバンドを含めて32gです。

スマートバンドとしては軽量で、運動・睡眠時に装着してもほとんど気になりません。

 

Xiaomi smartband 7 proの外観やディスプレイの動きを動画でチェックしたい方はこちらを参考にどうぞ

スマホアプリとの連携方法

Xiaomi Wear

Xiaomi Wear

Beijing Xiaomi Co., Ltd無料posted withアプリーチ

Xiaomi Smart band7proをスマホと連携するにはアプリ「Mi Fitness」を使用します。 

りくたろ
りくたろ

もちろんiphoneにも対応!

アプリをダウンロード後、画面右上の「+」ボタンからデバイスを追加します。

Xiaomi smart band 7 proと接続します。

スマートバンド側に「接続を許可するか」と表示されるため、チェックマークをタップ。

これでスマホとの接続が完了します。

Xiaomi Smart band7 Proのスペック

価格(税込)14,800円
サイズ(縦×横×厚さ)44.7×28.8×11mm
重さ32g(ベルト含む)
ベルト素材熱可塑性ポリウレタン
ディスプレイ1.64インチ
有機ELディスプレイ
解像度490×192
ウォッチフェイス約180種
常時表示
バッテリー容量235mAh
充電時間約1時間
バッテリー持続時間12日間(通常使用)
6日間(ハード)
健康モニタリング
心拍数モニタリング
SPO2モニタリング
睡眠モニタリング
呼吸トレーニング
ストレスモニタリング
PAI活動指標評価
月経周期
スポーツモード110種
GPS
防水性能5ATM(5気圧防水)
マイク機能〇(Alexa対応)
通信接続bluetooth 5.2
りくたろ
りくたろ

カラーはブラックとホワイトの2色です。

実際に使って感じたイマイチなところ

常時表示のクオリティ低め

常時表示設定のないデザインが多い

一番イマイチだと感じたのは常時表示の作りが粗いことです。

デザインごとに常時表示が設定されていますが、約2/3のデザインで常時表示が設定されていません。

常時表示のデザインが設定されてないときの常時表示はいたってシンプルなデザイン。

常時表示設定のないデザインを選んだときの常時表示

これがダメってわけじゃないけど、1万円台のスマートウォッチでスーツにも似合うデザインなのでもったいないです。

アップデートで常時表示が各デザインに設定される、もしくは常時表示のデザインを選べるようになってほしいです。

smartband7にあるPAIがProではなくなった

Xiaomi Smart band7のPAI

Xiaomi Smart band7にあったPAI活動指標がXiaomi Smart band7proではなくなりました。

PAIとは

「Personal Activity Intelligence」の略で、日々の活動量を見える化する指標。PAIの7日間トータルスコアを「100」以上に維持できれば生活習慣病のリスクを大幅に軽減できることが実証されています。
参考:Amazfit PAI【健康を見える化】

PAIは過去1週間の活動量を把握できます。

しかもランニングなど心拍数を上げた運動でないとPAIあがりません。

PAIの低さをみて運動不足を感じていたのでPAIがなくなり残念です…

できること・できないこと

googleカレンダーと同期してスケジュール確認

Xiaomi Smart band7Proでできること、できないことをまとめてみました。

Xiaomi Smart band7Proでできること

Xiaomi Smart band7Proはスマートバンドという名前ですが、できることはスマートウォッチ並みです。

Xiaomi Smart band7Pro できること

・心拍数モニタリング
・睡眠モニタリング
・血中酸素濃度モニタリング
・呼吸トレーニング
・ストレスモニタリング
・生理周期の把握
・運動時の消費カロリーチェック
・スマホの着信通知・メッセージ確認
・天気の確認
・スケジュールの確認
・アラーム・ストップウォッチ・タイマー
・ポモドーロタイマー
・スマホの音楽再生を操作
・スマホをさがす
・懐中電灯
・常時表示
・Alexaで音声操作
・GPSトラッキング

心拍数や睡眠モニタリングはもちろん、スマホとBluetooth接続していれば、LINE通知も見逃しません。

りくたろ
りくたろ

GPS内蔵でスマホを携帯せずランニングできるのはめっちゃ便利。

Xiaomi Smart band7Proでできないこと

Xiaomi Smart band7Proでできないことは、下記の4つです。

・スマートウォッチで音声通話
・スマートウォッチへの音楽保存
・Suicaなどの電子決済
・ワイヤレス充電

アップルウォッチのようにXiaomi smart band7 Proはバンドでの電子決済に対応していません。

またワイヤレス充電できず、マグネット式充電器をくっつけて充電します。

りくたろ
りくたろ

電子決済さえ気にならなければ困ることはなさそう。

Xiaomi smart band7・Redmi watch 2 liteとの比較

左からsmartband7 pro/smartband7/redmi watch2 lite

Xiaomi smart band7・Redmi watch 2 liteとスペックを比較してみました。

機種
Xiaomi Smart band7 Pro
Xiaomi smart band7
Xiaomi Smart band7

Redmi watch 2 lite
価格(税込)14,800円6,990円12,800円
サイズ44.7×28.8×11㎜46.5×20.7×12.25㎜41.2×35.3×10.7㎜
重さ(ベルト含む)31g25g35g
ディスプレイ1.64インチ
有機EL
1.62インチ
有機EL
1.55インチ
TFT液晶
解像度456×280490×192360×320
常時表示なし
ウォッチフェイス約180種約120種約120種
バッテリー容量235mAh
実測4日間
180mAh
実測6日間
262mAh
実測4日間
防水5ATM5ATM5ATM
スポーツモード110種110種110種
GPS内蔵なし
SpO2測定
(常時測定可)

(常時測定可)

(睡眠時自動測定)
ヘルスモニタリング心拍数モニタリング
睡眠モニタリング
ストレスモニタリング
など
心拍数モニタリング
睡眠モニタリング
ストレスモニタリング
など
心拍数モニタリング
睡眠モニタリング
ストレスモニタリング
など
スペック比較

Xiaomi Smart band7 Proの登場により価格が値上がりしたRedmi watch 2 liteを選択する理由がなくなりました。

わずか2,000円の違いで

  • 有機ELの鮮やかなディスプレイ
  • 血中酸素濃度の常時モニタリング
  • スーツにも似合うデザイン

と大幅にグレードアップするので、迷うことなくXiaomi Smart band7 Proです。

Xiaomi Smart band7との比較では、

・運動するときの使用がメイン&価格を重視
 →Xiaomi Smart band7


・仕事でも使用&ランニング時にスマホを持ちたくない
 →Xiaomi Smart band7 Pro

と使い方にあった方を選べばいいでしょう。


Xiaomi Smart band7 Pro レビューまとめ

本記事ではXiaomi smart band 7 Proの特徴・スペックを紹介しました。

Xiaomi Smart Band 7 Proの特徴

GPS内蔵でスマホなしで身軽にランニング
Alexa対応で音声操作
・110種以上のスポーツモード&新モード「競争」搭載
・150種類以上のウォッチフェイスでさまざまなシーンに対応
・5ATM防水&12日間持つロングバッテリー
・長方形の1.64インチ有機ELディスプレイ搭載
・SPO2常時モニタリングなど健康モニタリングが充実

GPS内蔵&アレクサ対応でもはや最強のスマートバンドに。

Xiaomiファンとしておすすめのスマートウォッチです。

りくたろ
りくたろ

ブラックを購入したよ!

シャオミスマートウォッチ日本版全3種【Xiaomi(シャオミ)スマートウォッチ】日本版の最新機種まとめ【Xiaomi Smart Band 7 レビュー】常時点灯もできる最強スマートバンドredmi watch 2 lite【日本版 Redmi Watch 2 Lite:レビュー】ディスプレイが大幅に進化miスマートバンド6レビュー【日本版Mi スマートバンド6:レビュー】たった13gに機能が凝縮で爆売れに納得mi watch【日本版Mi Watch:レビュー】1.3万円で有機ELディスプレイ・SpO2まで測定できる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA