【スピニングスター・レビュー】ドローンが我が家にやってきた

スピニングスターのレビュー

こんにちは!6歳の息子の父りくたろーです!

男の子ってラジコンが好きですよね!

自分も小学生のころ、公園で車のラジコンで遊んでいました。

自分で障害物のあるちょっとしたコースをつくって走らせた記憶があります。

.

https://i1.wp.com/rikutaro.com/wp-content/uploads/2019/08/gutspose_man2.png?w=880&ssl=1

誕生日プレゼントはラジコンがほしい!

今回、りくたろーの6歳の息子が誕生日プレゼントにラジコンがほしい!
と言っていたので子ども用の室内用ドローンを買いました。

室内用ドローン「スピニングスター」を買ったのでレビューしていきます!

 

なぜドローンを買うことにしたのか?

すでにりくたろーの息子は室内用の車のラジコン1台と屋外用の車のラジコン1台もっています。

なので車のラジコンより他のラジコンがいいと思い、トイザらスで色々みていました。

6歳の息子はラジコン売り場で戦車のラジコンがいいと言っていました。
BB弾の発射できる戦車をみていたのでこれは自分が的にされ危険だと思い却下。

息子がまだもっていない空を飛ぶドローンのラジコンがいいんじゃないかと思いました。

でもドローンていってもたくさんあるんですね。。

いろいろ種類があり、りくたろーは悩みました。


子ども用ドローンを選ぶ基準

子ども用ドローンを選ぶ基準

子ども用ドローンもたくさんあるので買う時に色々迷いました。

りくたろーがドローンを選んだ時の基準は、以下の3点です。

  • 室内で使用するもの
  • 電池を消費しないもの
  • ドローンが保護バンパーで囲われている

それぞれをもう少し深くみていきます。

ドローンを使用するのは室内か屋外か

ドローンは室内用と屋外で使うものに分けられます。

外でドローンを飛ばすと、池などの取りにいけないところにおちたり、よその家の敷地内など取りに行きづらいところに落ちると困ると考えました。

また、リモコンの電波の届かないところまで行くと操縦不可になります。

風にあおられてドローンが落ちたとき、人をケガさせたり物を壊したりしても大変です。

ですので、6歳の息子には、室内用ドローンで決まりです。

 

電池を消費しないものがいい

りくたろーが重視したのが電池です。

プラレールやラジコンをもっていると電池の消費の早さに泣きそうになりますよね。

しばらく遊んでいるとラジコン本体の値段より電池の値段の方が高くなっている気がします。

ラジコンの説明書には充電式の電池は推奨しないって書いてあるし。。
(使ってもたぶん大丈夫なんでしょうが。)

ですので電池を消費しないものを選ぶことにしました。

車のラジコンでは、車の本体に電池をいれますが、ドローンは本体には電池を入れないみたいです。

考えてみれば電池を何個もいれれば重たくて飛べませんもんね。

室内用ドローンはコントローラーに電池を入れてそこから充電するものと、USBコードから充電するものがあることがわかりました。

コントローラーから充電するものは結局電池の消費が激しそうなのでUSBコードから充電するものを選びました。

 

ドローンに保護バンパーがついているか?

室内用のドローンには本体のまわりにバンパーがついているものがあります。

壁などにぶつかったときにドローン本体やぶつかったものが傷つかないようにするカバーです。

ラジコンで息子の危険運転を何度もみていてきています。
(息子は危険な運転をしている時が一番楽しそうにしている。。)

当然、りくたろーは保護バンパーのついているドローンから選ぶことにしました。

以上を考えて候補に残ったのが、「ジャイロマスター ローリング G5」と「スピニングスター」でした。

この2つの違いは、ドローンをリモコンでコントロールするか(ジャイロマスター ローリング G5)、ハンドコントロールするか(スピニングスター)です。

「ジャイロマスター ローリング G5」は対象年齢が15歳~となっており、やはりドローンをリモコンでコントロールするのは難しいのかもと思いました。

「スピニングスター」は対象年齢8歳~になっていました。

そんなこんなで色々悩んで「スピニングスター」をチョイスしました。

 

スピニングスターを使用してみた感想

スピニングスターのレビュー!
スピニングスターのコントローラー

本体のサイズは大人の手のひらサイズです。

ドローンなので軽いですね。はかってみたら32gでした。

手でコントロールするドローンですがコントローラーもあります。

コントローラーはオンオフボタンのみでドローンの離陸着陸を指示します。

 

電池を用意しなくていのは便利

スピニングスターの充電

コントローラ―はリチウムコイン電池(CR2025)、ドローン本体にはリチウムポリマー電池が内蔵されているので電池を購入する必要がありません。

ラジコンは電池をすぐ消費するのでこれはありがたいですね。

電池がなくなったとき家に電池のストックがないと息子はすねるてしまうので、いつでも家で充電できるのはとても助かります。

本体をUSBコードから充電します。

USB電源アダプタは付属していないのでスマホの充電器のアダプタをつかって充電。

1時間ほど充電すると充電コードの赤いランプがきえて充電完了を教えてくれます。

 

実際の連続飛行時間はどれくらい?

説明には1時間の充電で約5分飛行できるとかいています。

スピニングスターを買うときは飛行時間が5分では短いのではと少し不安でした。

しかし、遊んでみるとそんなに気になりませんでした。

実際の連続飛行時間は5分程度ですが、子どもが使用すると着陸させてみたり どこかにぶつかって墜落したりします。

連続して5分飛んでいることはなく、飛行していない時間も結構あるので、1回の充電で10~15分は遊べます。

 

壁にぶつからないか?

スピニングスターは障害物を検知して回避するようになっています。

手を近づけると近づけた方と反対側へ移動します。

壁も同様で壁の近くにいくと壁を検知して壁を避けてもどってきます。

上下にもセンサーがあり、下から手をかざすと上にあがり、上から手をかざすと下にさがります。

ドローンが障害物を避けたあとホバリング状態にもどるには1~1.5mほどの距離が必要になります。

壁の近くで壁の方にむけてドローンを操作すると、壁にぶつかるまでに態勢を立て直すことができず墜落します。

またハンドコントロールする際に、ドローンに強く手があたるとドローンがバランスを崩し墜落します。

墜落するとドローンのプロペラがOffになります。

自動でOffになってくれるのは地味にありがたいです。

 

やっぱり保護バンパー付きでよかった

さきほど書いたように、スピニングスターを子どもが使用すると必ず墜落します。

ドローンがバランスを崩した時、1.5mほどの高さから落ちます。

ドローンがそのまま床におちるとフローリングが傷つきますが、保護バンパーつきなのでフローリングが傷つくこともありません。

また保護バンパーはドローン自体も守ってくれます。

たぶんこの保護バンパーがないと数回の墜落でスピニングスター本体が壊れると思います。

このバンパーがあるおかげで何度も墜落してますが、今のところドローンは壊れていません。

子どもが使うドローンは保護バンパーつきに限りますね。

対象年齢8歳以上に納得

スピニングスターは対象年齢8歳以上となっています。

りくたろーは6歳の息子のプレゼントにしましたが、実際使用してみて8歳以上になっていることに納得しました。

このスピニングスターは床から1.2m~1.5mほどの高さを飛びます。

6歳の息子はクラスでは大きい方で身長120㎝ですが手を伸ばしてもドローンにとどくかどうか。

スピニングスターはハンドコントロールのドローンなので、ドローンの高さに手がとどかないとドローンをコントロールできません。

6歳の息子は、手が届かないときは雑誌などを持ってそれをドローンに近づけてコントロールしています。

りくたろーの6歳の息子がギリギリなので身長120㎝以上ないとドローンの操作が厳しいと思います。

 

注意しましょう!

スピニングスターは小さいドローンですがプロペラは結構な勢いで回ります。

6歳の息子は親がみていないときに9歳の姉の頭の上にドローンをのせ離陸させました。

すると、何という事でしょう!!

ドローンのプロペラが娘の髪の毛にからまりたいへんなことになりました。

幸いプロペラはドローンから簡単に外れるので、娘の頭からとることができました。

しかし、からまった髪の毛は縮れたままでした。

ドローンのプロペラに髪の毛が引っ張られたときに頭皮もダメージを受けたようで頭皮があかくなっていました。

数日間はシャンプーするとき痛い痛いと言ってました。

そうして、娘はドローン恐怖症になりました。
(恐怖症は1週間ほどで治りました)

髪の毛と同じように絡まる可能性があるので、毛の長い絨毯や猫ちゃんからドローンの離陸は絶対にやめましょう(>_<)

またぶつかることもあるので、当たって落ちると壊れてしまうインテリア(ガラス製や陶器など)のあるところで飛ばさないようにしましょう!

 

まとめ

子ども用ドローンのスピニングスターのレビューはいかがだったでしょうか?

今回紹介したドローンはこんな方におすすめです。

  • ラジコンや機械が好きな子ども
  • 8歳以上(身長120㎝)以上の子ども
  • 上記の2点に当てはまる子どもにあげるプレゼントを悩んでいる方

りくたろーの息子はドローンにむかってジャンプしながら追いかけているのでいい運動になってます。

スピニングスターは雨の日や冬の寒い日の室内遊びにも最適です。

最後に、「百聞は一見にしかず」です。

スピニングスターのCM動画をのせておきます。

ドローンでキャッチボールのようなこともできます。

両手で操作するとストⅡの波動拳の打ちあいみたいになりますよ~。

 

コメントを残す