100人が選んだAmazonベストバイ⇒

Xiaomi Watch S1 vs Xiaomi Watch S1 Active【違いを徹底比較】

日本でのスマートウォッチシェアを拡大し続けるXiaomi。

そんなXiaomiが2022年3月に新型スマートウォッチ「Xiaomi Watch S1」を発売。

また同時に「Xiaomi Watch S1」より1万円も価格が安い「Xiaomi Watch S1 Active」も発売されました。

りくたろ

この名前の似ている2機種の違いがどこにあるのかよくわからない…

 

そこで本記事では、「Xiaomi Watch S1」「Xiaomi Watch S1 Active」の違いを徹底比較してみました。

比較した結果、価格差1万円の違いは下記の通り。

・傷に強いサファイアガラス
・職人の手仕上げによるステンレススチールケース
・レザーストラップ付属

・ワイヤレス充電対応

それでは詳しく見ていきましょう。

 

Xiaomi Watch S1 vs Xiaomi Watch S1 activeスペック全体を比較

Xiaomi watch S1とXiaomi watch S1 Activeのスペック全体を比較してみました。

機種

Xiaomi Watch S1

Xiaomi Watch S1 Active
価格(税込)32,980円22,980円
サイズ46.5×46.5×11㎜ 46.5×47.3×11㎜
重さ(ベルトなし)52g36.3g
素材サファイアガラス
ステンレススチールケース
ガラス繊維強化ポリアミド
カラーブラック
シルバー
ムーンホワイト
オーシャンブルー
スペースブラック
ディスプレイ1.43インチ
有機EL
1.43インチ
有機EL
解像度466×466466×466
常時表示あり あり
ウォッチフェイス200種以上 200種以上
バッテリー容量470mAh
通常使用12日間
470mAh
通常使用12日間
ワイヤレス充電
Bluetooth 通話
動作温度-10~45℃ -10~45℃
防水5ATM 5ATM
スポーツモード117種117種
位置情報GPS/GLONASS
Galileo/BeiDou/QZSS
GPS/GLONASS
Galileo/BeiDou/QZSS
SpO2測定
(常時自動モニタリング可)

(常時自動モニタリング可)
ヘルスモニタリング心拍数センサー
血中酸素センサー
加速度センサー
ジャイロスコープ
地磁気センサー
気圧センサー
環境光センサー
心拍数センサー
血中酸素センサー
加速度センサー
ジャイロスコープ
地磁気センサー
気圧センサー
環境光センサー
通信Wi-Fi 2.4 GHz
Bluetooth 5.2
Wi-Fi 2.4 GHz
Bluetooth 5.2
対応OSAndroid 6.0 / iOS 10.0 以降Android 6.0 / iOS 10.0 以降
Amazonで詳細をみるAmazonで詳細をみる

 

「Xiaomi Watch S1」は「Xiaomi Watch S1 active」と比較し、下記の4点が優れています。

・耐スクラッチ性に優れたサファイアガラス採用
・職人の手仕上げによるステンレススチールケース
・レザーストラップ付属

・ワイヤレス充電への対応

スマートウォッチの中身に違いはなく、ディスプレイガラスやボディフレームの素材の違いがそのまま価格差になっています。

どちらを購入するか迷っているのであれば、主に使用するシーンで決めればOKです。

・スーツやフォーマルなシーンで使用したい
 →Xiaomi Watch S1
・カジュアルなファッションやスポーツをメインに使用
 →Xiaomi Watch S1 Active

∧目次へ戻る

  

Xiaomi Watch S1 vs Xiaomi Watch S1 active

「Xiaomi Watch S1」は「Xiaomi Watch S1 active」と比較し、下記の4点が優れています。

・サファイアガラス
・ステンレスフレーム
・レザーベルト付属
・ワイヤレス充電へ対応

それぞれ詳しく紹介します。

ディスプレイガラスの比較

Xiaomi Watch S1はディスプレイに「サファイアガラス」を採用しています。

サファイアガラスの特徴は下記の通りです。

  • 硬度が固く、傷つきにくい
  • 透明度が高く、ディスプレイが見やすい
  • 耐熱性が高い

サファイアガラスは加工も難しく、製造コストは高くなります。

しかしサファイヤガラスを採用したXiaomi Watch S1は傷に強く、ディスプレイもより鮮やかに見えます。 

ボディフレームの比較

Xiaomi Watch S1のウォッチフレームは、職人による手仕上げのステンレススチールを採用。

ステンレスフレームの採用により、3万円台とは思えない重厚感を漂わせます。

一方、Xiaomi Watch S1 Activeはガラス繊維強化ポリアミドを使用。

Xiaomi Watch S1 Activeは36.3gとXiaomi Watch S1より約30%軽量となり、よりアクティブにスポーツを楽しめます。

 

ストラップの比較

Xiaomi Watch S1にはフッ素ゴム製のベルトに加えて、レザーストラップが付属。

レザーストラップ付属により、ビジネスシーンはもちろん、オシャレなレストランに出かけるときにもファッションと合わせやすくなります。

 

ワイヤレス充電への対応

Xiaomi Watch S1は、シャオミのスマートウォッチとして初めてワイヤレス充電に対応。

置くだけで充電できるため、充電する際のひと手間が省けます。

Xiaomi Watch S1 Activeは、マグネット式充電器に接続して充電します。

∧目次へ戻る

Xiaomi Watch S1 / S1 active 共通スペック

Xiaomi Watch S1 / S1 activeに共通するスペックを紹介してきます。

スマホ並みにキレイなディスプレイ

Xiaomi Watch S1 / S1 activeは1.43 インチの有機ELディスプレイを採用。

1秒間に画像を描写できる回数を示すリフレッシュレートは60Hz。

スマートウォッチながらスマホ並みにヌルヌル動く快適なディスプレイです。

  

Bluetooth通話・アレクサに対応

Xiaomi Watch S1 / S1 activeは、Bluetooth通話が可能に。

スマホとbluetooth接続していれば、スマホをバッグから出すことなくウォッチのみで通話できます。

すぐにスマホを取り出せない状況ではとても便利です。

またAmazonアレクサに対応し、ウォッチでスマートデバイスの操作や予定の追加ができます。

 

5気圧防水+117種のスポーツモード

Xiaomi Watch S1 / S1 activeは、5ATM(5気圧防水)に対応。

日常生活での防水に対応するばかりでなく、プールでのトレーニングでも使用できます。

またスポーツモードも117種類と多彩。
ランニングだけでなく球技やウィンタースポーツ時の心拍数や消費カロリーもモニタリングできます。

  

血中酸素濃度(SpO2)測定の常時モニタリング対応

Xiaomi Watch S1 / S1 activeは血中酸素濃度(SpO2)の常時測定に対応しています。

SpO2測定はスマートウォッチの標準スペックになりつつありますが、Spo2の24時間自動的にモニタリングできるモデルはまだ多くありません。

腕に着けているだけで常時測定でき、より健康状態を正確に把握できるようになります。

∧目次へ戻る

Xiaomi Watch S1 ・ Xiaomi Watch S1 activeの口コミ

Xiaomi Watch S1の口コミ

充電の仕方が手軽でデザイン自体も高級感があり良かったです、若干ベルトが薄くて頼りない印象がありますが、スタイリッシュでフォーマルにも合うので気に入っています。ペアリングをする際の安定感がなくて何度も苦戦し、性能としては気になる点がありました。

黒を基調としたデザインが特に気に入っています。サファイアガラスを搭載したボディは、ビジネスの場面であっても見劣りしない素晴らしい艶が特徴です。一方、文字盤の数字が安っぽく感じるレタリングなので、そこは今後改善してほしい箇所だと思いました。

複数のスマートウォッチ、スマートバンドを利用しているがXiaomi Watch S1はバッテリー容量が470mAhと多いため、通常1~2日程度は充電しなくても利用でき、通常の腕時計のように気軽に着用できるところが良いです。画面の解像度も高く表面はサファイアガラスのため表示も綺麗で晴れで日光が強いところでも画面の視認性が良く使いやすいです。
スマートフォンとの連携アプリの出来がイマイチで、利用機能やモニター結果の確認などがどこにあるか分かりづらく、今後アップデートで改善することを期待しています。

Xiaomi Watch S1は見た目に惚れて購入したのですが、他のスマートウォッチのような感じはなく、スマートウォッチには見えない「高級感」が良く、スーツを着て仕事している自分にはぴったりだと感じています。

バッテリー保ちも「通常12日間」、「省エネモード24日間」と公表しており、他のスマートウォッチよりもバッテリーが長持ちするのはありがたいですし、ワイヤレス充電器に対応していて、充電ケーブルの管理の煩わしさがないところも良いと感じています。

残念なところは、「モーションフェイスの新規追加が一つのみしかない」ところです。しかも、よくわからないデザインなので高級感がある見た目なのにもったいない感じがしました。せっかく60fpsの描画レートを謳っているのに、モーションフェイスの拡充をもう少し手を入れてほしかったです。

>>AmazonでXiaomi Watch S1の口コミをみてみる

Xiaomi Watch S1 activeの口コミ

Xiaomi Watch S1 Activeを使っていて良いと感じている点は、「Bluetooth機能でスマホの通話ができる」ところです。Xiaomi Watch S1 Activeには、内蔵マイクとスピーカーが搭載しているため、スマホの着信をウォッチ側で通話を受けられるようになっています。そのため、車の運転中や作業中でもチラッと時計を見て電話に出ることができるので便利に感じています。

逆に悪かった点は、「モバイル決済は国内では使用できない」ところです。Xiaomi Watch S1 Activeには、マスターカードペイが使えることに魅力を感じていたのですが、国内では使えず、海外でしか使えなかったのは残念に感じました。

オフィスやお出かけでは登場回数が少ないですが、スポーツをする際に何かと役立っています。
心拍数など健康を管理できるので便利です。自分自身で気がつかなかった新しい発見ができたと思います。視認性が高く日中でも見やすいし、バッテリーの持ちも優秀です。

デザイン的にはスポーティーな感じなのでカジュアルな服装にも合います。リーズナブルな価格でありながら値段以上の機能性の高さでコスパは最高です。ただ、若干傷が付きやすい構造のように感じます。実際何処かにぶつけた記憶がなくても傷が付いたりしていたので、そこをあまり気にしていると使いにくい感覚もあります。

血中の酸素濃度なども計測をしてくれるので、体調管理にもXiaomi Watch S1 activeは優れている感じました。デザインも非常にオシャレです。バッテリーなども時間が長く最大で12日間継続使用が可能となっているので、使いやすい商品です!

>>AmazonでXiaomi Watch S1 activeの口コミをみてみる

Xiaomi Watch S1 vs Xiaomi Watch S1 activeスペック比較まとめ

機種

Xiaomi Watch S1

Xiaomi Watch S1 Active
価格(税込)32,980円22,980円
サイズ46.5×46.5×11㎜ 46.5×47.3×11㎜
重さ(ベルトなし)52g36.3g
素材サファイアガラス
ステンレススチールケース
ガラス繊維強化ポリアミド
カラーブラック
シルバー
ムーンホワイト
オーシャンブルー
スペースブラック
ディスプレイ1.43インチ
有機EL
1.43インチ
有機EL
解像度466×466466×466
常時表示あり あり
ウォッチフェイス200種以上 200種以上
バッテリー容量470mAh
通常使用12日間
470mAh
通常使用12日間
ワイヤレス充電
Bluetooth 通話
動作温度-10~45℃ -10~45℃
防水5ATM 5ATM
スポーツモード117種117種
位置情報GPS/GLONASS
Galileo/BeiDou/QZSS
GPS/GLONASS
Galileo/BeiDou/QZSS
SpO2測定
(常時自動モニタリング可)

(常時自動モニタリング可)
ヘルスモニタリング心拍数センサー
血中酸素センサー
加速度センサー
ジャイロスコープ
地磁気センサー
気圧センサー
環境光センサー
心拍数センサー
血中酸素センサー
加速度センサー
ジャイロスコープ
地磁気センサー
気圧センサー
環境光センサー
通信Wi-Fi 2.4 GHz
Bluetooth 5.2
Wi-Fi 2.4 GHz
Bluetooth 5.2
対応OSAndroid 6.0 / iOS 10.0 以降Android 6.0 / iOS 10.0 以降
Amazonで詳細をみるAmazonで詳細をみる

今回は2022年3月に発売したXiaomiの新型スマートウォッチ「Xiaomi Watch S1」「 Xiaomi Watch S1 active」を比較しました。

「Xiaomi Watch S1」と「 Xiaomi Watch S1 active」の価格差は10,000円ですが違いは下記の4点です。

・通常のガラスより耐スクラッチ性に優れたサファイアガラス採用
・フレームが職人の手仕上げによるステンレススチールケース
・レザーストラップ付属

・ワイヤレス充電への対応

どちらを購入するか迷っているのであれば、主に使用するシーンで決めればOKです。

・スーツやフォーマルなシーンで使用したい
 →Xiaomi Watch S1
・カジュアルなファッションやスポーツをメインに使用
 →Xiaomi Watch S1 Active

スーツで仕事をしているなら「Xiaomi Watch S1」択一です。

職場がカジュアルな服装で、スポーツ時のモニタリングも頻繁にするのであれば「Xiaomi Watch S1 Active」がおすすめ。

使用する場面にあうスマートウォッチを選んで、シャオミのスマートウォッチ生活を楽しみましょう。

mi watch【日本版Mi Watch:レビュー】1.3万円で有機ELディスプレイ・SpO2まで測定できる redmi watch 2 lite【日本版 Redmi Watch 2 Lite:レビュー】ディスプレイが大幅に進化 miスマートバンド6レビュー【日本版Mi スマートバンド6:レビュー】たった13gに機能が凝縮で爆売れに納得

 

Amazonギフト券チャージがお得

Amazonで少しでもお得に買い物したいならAmazonギフト券チャージ

クレジットカードでチャージすると0.5%分のAmazonポイントがもらえます。

チャージしたギフト券の有効期限は10年間と、期限が切れる心配もありません。

りくたろ

プライム会員なら使わないと損だね。

キャンペーンにエントリーして、Amazonチャージしないと0.5%分もらえないので気をつけて。

こちらからエントリーできます↓

初回チャージ限定で、「5,000円現金チャージで1,000ポイントもらえるキャンペーン」も開催しています。

【amazfit GTS2 mini:レビュー】着け心地最高でコスパ抜群のスマートウォッチ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA