【Xiaomi Watch S1 activeレビュー】使って分かったメリット・デメリット

睡眠や運動量をチェックできる便利なスマートバンド。

なかでもXiaomi Smart band7は売れ筋ランキング上位の大人気ウォッチです。

とはいえスマートバンドだと職場に着けていくにはデザイン的にイマイチなので、もっと本格的なウォッチが欲しい…

そんな人におすすめなのが「Xiaomi Watch S1 Active」です。

 

総合評価
 (3.5)
ディスプレイ性能
 (5)
着け心地
 (3)
健康モニタリング
 (4)
ウォッチフェイス
 (4)
バッテリー持ち
 (3)
スマホとの接続
 (2)
よいところ
  1. ヌルヌル動く1.43インチ有機ELディスプレイ
  2. デザイン性の高い文字盤が200種以上
  3. 充実したヘルスモニタリング機能
  4. GPS内蔵&117種スポーツモード
  5. 5ATMの防水性能でぬれてもへっちゃら
  6. Bluetooth通話|音楽再生ができる
  7. フルモニタリングでも4日間もつバッテリー
  8. メール・LINE通知も見逃さない
イマイチなところ
  1. Wi-Fi が使えない
  2. キャッシュレス決済が使えない
  3. スマートバンドより重量感ある着け心地
  4. 常時表示がデザインによってはチープ
  5. コスパがいまいち
  6. 接続が不安定

Xiaomi Watch S1 Activeはスマホのようになめらかに動く大型有機ELディスプレイを採用。

ウォッチフェイスも200種類以上あり、仕事&オフの日もコレ1本で対応できます。

りくたろ
りくたろ

デザインがいいいと気分も上がるね

   

しかし実際に使用してみると、デメリットも見えてきました。

そこで本記事では、Xiaomi Watch S1 Activeを使ってみてわかったメリット・デメリットをレビューしていきます。

どんなスマートウォッチか気になる・購入を検討してる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

\GWスマイルSALE開催中!/
Amazonで探す
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す

 

▼動画でみたい方はコチラをどうぞ

 

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

Xiaomi Watch S1 activeの特徴をレビュー

 

Xiaomi Watch S1 Activeの特徴は下記の8つです。

それぞれの特徴をレビューしてきます。

 

 

ヌルヌル動く1.43インチ有機ELディスプレイ

 

Xiaomi Watch S1 Active1.43インチの大型有機ELディスプレイを採用。

めちゃくちゃ表示が明るく鮮やかで、もはやスマホのディスプレイのよう。

リフレッシュレートも60Hz(1秒間に60フレーム表示)とスマホと同じ。

りくたろ
りくたろ

操作も快適で、カクつくことなくヌルヌル動く

  

写真だと伝わりにくいですが、屋外での視認性も抜群

クオリティの高い大型ディスプレイゆえに、傷つかないか不安になることも。

そんな方はガラスフィルムを装着しておくことをおすすめします。

    

    

選ぶだけで楽しい200種以上の文字盤

Xiaomi Watch S1 Activeの文字盤は200種類とめっちゃ豊富で、仕事の日もオフの日もあわせやすいです。

りくたろ
りくたろ

デザイン性の高い文字盤が多く、お気に入りが絶対みるかるよ

 

 スマートバンドでは物足りないスーツにも似合うクラッシック系のデザインも充実しています。

 

動きのよいディスプレイを生かしたアニメーションつきの文字盤は遊び心満載。

 

自分のお気に入りの写真でウォッチフェイスも作成できます。

(スマホの写真から最大8枚までスライドショー形式のウォッチフェイスを作成可)

りくたろ
りくたろ

デザイン性の高いものがそろっているので、選ぶだけでテンションが上がる!

  

▼実際の文字盤をチェックしたい方はこちらをチェックしてみてください

りくたろ
りくたろ

200種類以上ある文字盤は全部無料だよっ!

   

充実したモニタリング機能で健康状態をしっかり把握

Xiaomi Watch S1 Activeはヘルスモニタリング機能が充実しており、自分の健康状態を客観的にチェックできます。

りくたろ
りくたろ

つけているだけで自分の体の状態を把握しやすくなるよ

   

チェックできるヘルスモニタリング機能は下記の通り。

ヘルスモニタリング機能

・睡眠モニタリング
・心拍数
・血中酸素濃度
・ストレスモニタリング
・生理周期

   

 

睡眠モニタリングでは、睡眠時間だけでなく、レム睡眠の時間もわかります。 

  

睡眠時間が足りてないつもりでも、意外と眠れている場合もあるので、スマートウォッチによる睡眠モニタリングは健康管理に欠かせません。

りくたろ
りくたろ

自分の場合は7時間から7時間半ぐらいがベストだね。

  

   

ストレス具合をチェック

また装着しているだけで、血中酸素・心拍数・ストレスを24時間モニタリングできます。

 

血中酸素濃度も自動で測定

血中酸素濃度・ストレスモニタリングは常時測定でないとなかなか測れないので、常にモニタリングしてくれるのはめちゃくちゃ便利です。

りくたろ
りくたろ

元気な体がないと自分のやりたいこともできないから、健康は大切だよね

  

※医療機器ではないため、心拍数、血中酸素濃度などの値で病気を診断することはできません。

 

GPS内蔵&117種のスポーツモードで運動したくなる

Xiaomi Watch S1 ActiveGPSが内蔵されており、スマホを持たすランニングしてもコースやラップタイムを記録できます。

ランニングのときにスマホがポケットにあると、邪魔になるよね

  

5 つの主要な衛星測位システム「GPS、BeiDou、GLONASS、Galileo、QZSS」に対応しており、位置情報も正確。

りくたろ
りくたろ

道からずれることもなかったよ

 

GPSで1kmごとのタイムも正確に測れ、トレーニングの質も上がります。

 

運動中の心拍数の変化も手にとるようにわかります。

  

スポーツモードはランニング・ウォーキングなど基本的なスポーツだけでなく 117種類ものスポーツに対応。

117種のスポーツは下記のとおりです。

  • 基本トレーニング
    野外ランニング、ウォーキング、トレッドミル、トレッキング、野外サイクリング、屋内サイクリング、フリースタイル、エリプティカル、ヨガ、ローイング、縄跳び、ハイキング、hiit、トライアスロン、プールスイミング、オープンウォーター
  • ウォータースポーツ
    セーリング、パドルボード、水球、その他のウォータースポーツ、水上スキー、カヤック、ラフティング、ローイング、パワーボード、フィンスイミング、飛び込み、アーティスティックスイム、シュノーケリング、カイトサーフィン
  • 屋外アクティビティ
    ロッククライミング、スケートボード、ローラースケート、パルクール、4輪バギー、パラグライダー
  • トレーニング
    ステアクライマー、階段昇降、ステッパー、コアトレーニング、柔軟性トレーニング、ピラティス、体操、ストレッチストレングス、クロストレーニング、エアロビクス、フィジカルトレーニング、ウォールボール、ダンベル、バーベル、重量揚げ、デッドリフト、バーピー、シットアップ、ファンクショナルトレーニング、上半身、下半身、腹筋、背中
  • ダンス
    スクエアダンス、ベリーダンス、バレー、ストリートダンス、ズンバ、フォークダンス、ジャズダンス、ラテンダンス
  • 格闘技
    ボクシング、レスリング、武道、太極拳、ムエタイ、柔道、テコンドー、空手、キックボクシング、剣道、フェイシング
  • 球技
    バスケットボール、テニス、サッカー、バレーボール、野球、ソフトボール、アメリカンフットボール、ホッケー、卓球、バドミントン、クリケット、ハンドボール、ボーリング、スカッシュ、ビリヤード、シャトルコック、ビーチサッカー、ビーチバレー、セパタクロー
  • ウィンタースポーツ
    アイススケート、カーリング、その他のウィンタースポーツ、スノーモービル、アイスホッケー、ボブスレー、ソリ
  • レクレーションスポーツ
    アーチェリー、ダーツ、乗馬、綱引き、フラフープ、凧揚げ、釣り、フリスビー
  • その他
    馬術、陸上競技、自動車レース

バスケなど接触があるようなスポーツでの装着はちょっと危ない感じがしますが、ほかにどんなスポーツがあるのっていうぐらい多くのスポーツに対応します。

りくたろ
りくたろ

これだけたくさんのスポーツに対応していると、体を動かしたくなってくるね。

   

  

5ATMの防水性能でぬれても平気

Xiaomi Watch S1 Activeは5ATMの防水性能があるので、雨に濡れても全く心配ありません。

プールでの水泳にもバッチリ対応。

ウォッチがぬれたあと、スピーカー部分の水を音で排出するためのモードも搭載する充実ぶり。

りくたろ
りくたろ

シャワーもつけたまま入ってるけど全然問題なし。耐水性能があると安心して使えるね。

5ATMとは

5ATMは、ウォッチが10分間、常温で50mの静水圧シミュレーションに耐えられることを示します。

  

 

Bluetooth通話|音楽再生ができる

Xiaomi Watch S1 Activeはマイク・スピーカーを内蔵しているため、ウォッチでそのまま通話できます。

※スマホとBluetooth接続している必要ありLINE通話に対応しません

Bluetooth通話の音声は聞きにくいということもなく、普通に会話できるレベル。

ウォッチで通話すると、会話が周囲に聞こえやすいデメリットがありますが、外でウォーキング中などスマホをあわてて取り出さなくてもすぐに電話に出れます。

 

電話をかけてきた相手へのコールバックにも対応。

  

音量も調整できる

スピーカー機能を搭載しているため音楽も再生できます。

Xiaomi Watch S1 Active単独で音楽を再生するシーンはほとんどありませんが、便利だったのはアラーム音を設定できること。

スマートウォッチでアラームをかけても、バイブレーションだと起きれないことありますよね。   

Xiaomi Watch S1 activeならアラーム音を出せるため、寝坊をふせげます。

りくたろ
りくたろ

もはや目覚まし時計がいらないね

    

フルモニタリングでも4日間もつバッテリー

Xiaomi Watch S1 Active通常モードで12日間持つロングバッテリー。

フルスペックでモニタリングしても4日間バッテリーが持ちます。

  

バッテリー0日1日2日3日4日
残量100%81% 53%27%0%
バッテリー残量の推移
使用条件

・常時表示あり
・睡眠時の高度なモニタリング
・心拍数、ストレス24時間モニタリング

フルでモニタリングすれば、1日25%ほど減っていきます。

常時表示をオフにすれば、5日ちょっとバッテリーが持ちました。

大型ディスプレイにもかかわらず、モニタリング機能を抑えれば1週間以バッテリーが持ちます。

りくたろ
りくたろ

常時表示しても週2回の充電でOKだね

   

メール・LINE通知も見逃さない

Xiaomi Watch S1 Activeをつけていれば、メールやLINE通知を見逃しません。

スマホとBluetooth接続していれば、仕事中にスマホを見れない時も、ウォッチですぐに内容チェック。

もちろんウォッチに通知する内容はアプリごとに設定できます。

りくたろ
りくたろ

「LINE送ったのに見てなかったの?」って言われることも減るね!

   

実際に使用してみてイマイチだった点

実際にXiaomi Watch S1 activeを使用してみてイマイチだと感じたところを紹介します。

  

それぞれ紹介していきます。

     

Wi-Fi 接続できるのに使えない

Xiaomi Watch S1 Activeは、Wi-Fiの設定ができるのにwi-fiが使えません

通常スマートウォッチにwi-fi設定があれば、同じWi-Fi エリアにあるスマートフォンと接続できます。

Bluetooth接続が10mほどなのに対し、wi-fiだとそれより広いエリアをカバーできるように。

しかしS1 activeのwi-fi設定はそのようにならず、Bluetooth接続していないとwi-fiも接続できません。

りくたろ
りくたろ

何のための wifi 機能かよくわからないね…

スマートウォッチのwi-fi接続とBluetooth接続の違いについて知りたい方は下記の記事を参考にどうぞ。

   

キャッシュレス決済が使えない

Xiaomi Watch S1 Activeはキャッシュレス決済機能がありますが、日本では使えません。

Apple payのXiaomi版ともいえる「Xiaomi pay」に対応していますが、Xiaomi payが日本では使えないためです。

キャッシュレス決済する時はスマホで行う必要があります。

りくたろ
りくたろ

せっかく機能を持っているのにもったいないね…

  

とはいえスマホでのキャッシュレス決済に慣れてる人には、ウォッチでできなくてもそれほど影響はなさそうです。

   

スマートバンドより重量感ある着け心地

Xiaomi Watch S1 Activeは大型ディスプレイを採用しているため、装着感のあるつけ心地です。

例えば寝ている時に、装着感が気になって少し寝づらく感じるかもしれません。

慣れてくれば気にならないけど、初めのうちは気になりました

バンド込みの重量は54g。

普通の時計よりは軽いですが、スマートバンドよりは重いです。  

スマートウォッチに軽い装着感を求めるならXiaomi Smart Band7 Proがおすすめです。

   

常時表示がデザインによってはチープ

before画像after画像

Xiaomi Watch S1 Activeのウォッチフェイスは、種類が豊富でデザイン性も高く大満足なんですが、常時表示は手抜きな印象です。

常時表示はウォッチフェイスに固有で、個別に設定できません。

常時表示が設定されてないデザインも意外と多く、そのような場合は上記のようなシンプルな表示となります。

クオリティの高いクラシックなデザインでも、常時表示になったとたんチープな印象に…

  

常時表示が設定されているデザインは、文字盤に似たような常時表示となります。

before画像after画像

常時表示を人に見られることはあまりなく、自己満足の世界ですが、Xiaomi Watch S1 activeの価格帯なら、このあたりもしっかりして欲ほしいところ。

りくたろ
りくたろ

常時表示にするとバッテリーの減りも早くなるので、常時表示しない人は気にならないかもね。

    

     

コスパがいまいち

Xiaomi Watch S1 Activeはコスパがイマイチです。

Xiaomiのスマートウォッチは、どれも圧倒的なコスパで人気となってきました。

しかしXiaomi Watch S1 activeに関しては、コスパは正直「微妙」

Wi-Fi 機能やキャッシュレス決済のなど日本では使えないムダな機能?を搭載している影響もあるかもしれません。

とはいえ発売して1年が経過し、セール時には15,000円以下になるように。

りくたろ
りくたろ

セールで15,000円以下なら「買い」かな。

Xiaomiの最新セール情報については下記の記事にまとめているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

【保存版】Xiaomiを安く買う方法・セール情報まとめ 

スマホとの接続が不安定

Xiaomi Watch S1 Activeは接続が不安定です

ほかのXiamiスマートウォッチもいくつか持っていますが、1番不安定な印象です。

Bluetooth接続が切れると、アプリから再接続しますが、これがなかなかつながらない。

3週間ほどの使用期間で3回ほどスマートウォッチをリセットすることに。

わざわざアプリとの連携からやりなおすのはめんどう…

 

個体差が原因なのかわかりませんが、ほかのXiaomiスマートウォッチではこんなことなかったので残念です。

りくたろ
りくたろ

アップデートで修正されること願ってます

  

Xiaomi Watch S1 activeの外観をチェック

Xiaomi Watch S1 Activeの外観・付属品を紹介していきます。

 

Xiaomi Watch S1 activeの付属品

 

Xiaomi Watch S1 activeの付属品は下記のとおり。

Xiaomi Watch S1 activeの付属品

・Xiaomi Watch S1 active本体
・充電ケーブル
・取扱説明書

Xiaomi Watch S1 activeくらいのスマートウォッチになると外箱にも高級感があります。

取扱説明書には日本語もあり、アプリとの接続方法、操作方法もサクッと確認できます。

 

充電ケーブルはマグネット式で本体に固定します。

ACアダプタは付属してないので、スマホの充電器やモバイルバッテリーで充電しましょう。

 

外観をチェック

 Xiaomi Watch S1 Activeの大きさは約46mm×46mm。

目薬「ロートジー」のケースとちょうど同じくらいのサイズです。

 

背面には心拍センサー、血中濃度センサー、充電端子があります。

 

右側面にはHOMEボタンとSPORTボタン。

SPORTボタンはどの機能にショートカットするか設定から変更できます。

真ん中に2か所見える穴がスピーカーです。

右側面にはボタンはありません。

真ん中にある3穴がマイクになります。

ディスプレイは明るく鮮やか。

デザイン性の高い文字盤をしっかり生かせています。

 ディスプレイのリフレッシュレートもスマホなみの60Hz(1秒間に60フレーム)。

気持ちいいくらいスムーズに動きます。

 

先代のMi Watch(左)と比較すると見た目のクオリティもさることながら、ウェジット表示のクオリティも上がっています。

 

ベルトはピンで簡単に着脱できます。

楽天・Amazonに売っている22mmの交換式ベルトに対応するため、気分を変えたい時もベルトの選択肢がたくさんあります。

実際に装着してみると1.47インチの大型ディスプレイのため存在感が結構あります。

女性がつけるにはちょっと大きいかなというサイズ感です

 

厚みはスマートウォッチとしては平均的ですが、腕時計の面積が大きいため、スマートバンドと比べると装着感があります。

  

46mmの大きくて鮮やかなディスプレイなので、ウォッチフェイスがめちゃくちゃ映えます。

存在感のあるスマートウォッチを求めている人にちょうどいいかもしれません。

スマホアプリとの連携方法

Xiaomi Wear

Xiaomi Wear

Beijing Xiaomi Co., Ltd無料posted withアプリーチ

Xiaomi Watch S1 activeをスマホと連携するにはアプリ「Mi Fitness」を使用します。 

りくたろ
りくたろ

もちろんiphoneにも対応!

アプリをダウンロード後、画面右上の「+」ボタンからデバイス追加 or スキャンを選択します。

初めてウォッチに電源を入れた時にQRコードが出てくるので、スキャンすればデバイスを追加できます。

スマホとXiaomi Watch S1 activeとペア設定します。

スマートバンド側にも「接続を許可するか」と表示されるため、チェックマークをタップ。

これでスマホとの接続が完了します。

Xiaomi Watch S1 activeのスペック

価格(税込)22,980円
カラーオーシャンブルー
スペースブラック
ムーンホワイト
サイズ(縦×横×厚さ)46.5×47.3×11㎜
重さ54g(ベルト含む)
ベルト素材熱可塑性ポリウレタン
ディスプレイ1.43インチ
有機ELディスプレイ
解像度466 × 466
ウォッチフェイス200種以上
常時表示
バッテリー容量210mAh
充電時間約2時間
バッテリー持続時間4日間(実測)
健康モニタリング
心拍数モニタリング
睡眠モニタリング
SPO2測定
ストレス測定
月経周期
スポーツモード117種
GPS
防水性能5ATM(5気圧防水)
マイク機能
通信接続bluetooth 5.2

   

できること・できないこと

Xiaomi Watch S1 Activeでできること、できないことをまとめてみました。

  

できること

できること

・心拍数モニタリング
・睡眠モニタリング
・血中酸素濃度(SpO2)測定
・ストレス測定
・生理周期の把握
・運動時の消費カロリーチェック
・スマホの着信通知・メッセージ確認
・天気の確認
・気圧・標高・コンパス
・Alexa
・アラーム・ストップウォッチ・タイマー
・スマホの音楽再生を操作
・スマートウォッチで通話
・ウォッチに音楽を保存・再生
・スマホをさがす
・ミニゲーム

Xiaomi Watch S1 Activeは、スマートウォッチでやりたいことがほぼできます。

GPSだけでなく、標高センサーや方位磁針をついてるので、山登り・キャンプにもぴったりです。

 

できないこと

Xiaomi Watch S1 activeでできないことは、下記のとおり。

できないこと

・LINE通話
・ウォッチからのメール、LINEの返信
・電子決済機能
・ワイヤレス充電

Xiaomi Watch S1 ActiveはXiaomiのフラグシップスマートウォッチですが電子決済などには対応していません。

 

Xiaomi Watch S1 ・Smartband7 Proとの比較

   

Xiaomi Smartband7 Pro・Xiaomi Watch S1とスペックを比較してみました。

機種
Xiaomi Watch S1 Active

Xiaomi Watch S1

Xiaomi Smart band7 Pro
価格(税込)22,980円32,980円14,800円
サイズ46.5×47.3×11㎜46.5×46.5×11㎜44.7×28.8×11㎜
重さ(ベルト含む)70g54g31g
ディスプレイ1.43インチ
有機EL
1.43インチ
有機EL
1.64インチ
有機EL
解像度466×466466×466456×280
常時表示
ウォッチフェイス200種以上200種以上約180種
バッテリー容量470mAh
実測4日間
470mAh
実測4日間
235mAh
実測4日間
防水5ATM5ATM5ATM
スポーツモード117種117種110種
GPS内蔵
SpO2測定
(常時測定可)

(常時測定可)

(常時測定可)
ヘルスモニタリング心拍数
睡眠
ストレス
SpO2
心拍数
睡眠
ストレス
SpO2
心拍数
睡眠
ストレス
SpO2
スペック比較

それぞれ下記のような人におすすめです

・手軽に本格的なスマートウォッチを楽しみたい
 → Xiaomi Watch S1 Active

 

・スーツでの使用がメイン
 → Xiaomi Watch S1

 

・コスパ&装着感を重視

 →Xiaomi Smart band7 Pro

ふだんスーツ姿で仕事をしているなら、ステンレススチールとレザーストラップのXiaomi Watch S1がおすすめ。

あまりスーツを着る機会がなければ、ウォッチの中身は同じで価格が安いXiaomi Watch S1 Activeが最適です。

S1とS1 activeの違いについては、下記の記事にまとめました。

Xiaomi Watch S1 vs Xiaomi Watch S1 Active【違いを徹底比較】

  

装着感を重視したい人にはXiaomi Smart band7 Proがピッタリ。

Xiaomi smartband7 pro 【最高っ!】日本版Xiaomi Smart Band 7 Proレビュー|ビジネスでも使えるスマートバンド


口コミ・評判を紹介

Xiaomi Watch S1 activeの口コミ・評判を紹介します。

 

良いと感じている点は、「Bluetooth機能でスマホの通話ができる」ところです。Xiaomi Watch S1 Activeには、内蔵マイクとスピーカーが搭載しているため、スマホの着信をウォッチで通話を受けられるようになっています。逆に悪かった点は、「モバイル決済は国内では使用できない」ところです。

 

オフィスやお出かけでは登場回数が少ないですが、スポーツをする際に何かと役立っています。
心拍数など健康を管理できるので便利です。ディスプレイの視認性が高く日中でも見やすいし、バッテリーの持ちも優秀だと思います。

 

デザイン的にはスポーティーな感じなので、カジュアルな服装にも似合います。値段以上の機能でコスパは最高。ただどこかにぶつけた記憶がなくてもキズがついたりしていたので、あまり気にしていると使いにくい感覚もあります。

 

デザインが非常にオシャレです。血中の酸素濃度なども計測でき、体調管理にもXiaomi Watch S1 activeは優れている感じました。

\GWスマイルSALE開催中!/
Amazonで探す
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す

まとめ

  

本記事ではXiaomi Watch S1 activeを実際に使って分かったメリットデメリットを紹介しました。

  

よいところ
  1. ヌルヌル動く1.43インチ有機ELディスプレイ
  2. デザイン性の高い文字盤が200種以上
  3. 充実したヘルスモニタリング機能
  4. GPS内蔵&117種スポーツモード
  5. 5ATMの防水性能でぬれてもへっちゃら
  6. Bluetooth通話|音楽再生ができる
  7. フルモニタリングで4日間もつバッテリー
  8. メール・LINE通知も見逃さない
イマイチなところ
  1. Wi-Fi が使えない
  2. キャッシュレス決済が使えない
  3. スマートバンドより重量感ある着け心地
  4. 常時表示がデザインによってはチープ
  5. コスパがいまいち
  6. 接続が不安定

Xiaomi Watch S1 activeは、スマホのように鮮やかなディスプレイをXiaomiのフラグシップスマートウォッチです。

文字盤も200種類以上あり、どんなシーンにもこれ1本で対応できます。

wi-fiやキャッシュレス機能など日本では使えない機能も入っている影響もあり、やや割高感がありますが、発売から1年が経過し、セールのたびに値引きが見られるようになりました。

セールで安くゲットできれば、Xiaomi Watch S1 activeは満足感の高いスマートウォッチになること間違いなし。

りくたろ
りくたろ

15,000円以下になっていたら買いだね

 

Xiaomiのセール情報については下記の記事にまとめているので、いつが安く買えるのか気になる方は合わせて読んでみてください。

【保存版】Xiaomiを安く買う方法・セール情報まとめ 

   

【Xiaomi(シャオミ)スマートウォッチ】日本版の最新おすすめ機種まとめ2023 【Xiaomi Smart Band 7 レビュー】常時点灯もできる最強スマートバンド redmi watch 2 lite 【日本版 Redmi Watch 2 Lite:レビュー】ディスプレイが大幅に進化 miスマートバンド6レビュー 【日本版Mi スマートバンド6:レビュー】たった13gに機能が凝縮で爆売れに納得 mi watch 【日本版Mi Watch:レビュー】1.3万円で有機ELディスプレイ・SpO2まで測定できる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA