100人が選んだAmazonベストバイ⇒

【Redmi note 11 Pro 5G vs Xiaomi 11T】スペックの違いを徹底比較

Redmi note 11 Pro 5GとXiaomi 11Tのスペックの違いが知りたい。

「パイパフォーマンスを日常に」のキャッチコピーでRedmi note 11 Pro 5gが2022年5月に発売しました。

Redmi note 11 Pro 5gはミドルスペックスマホとしてトップクラスのスペックを持っていますが、ハイエンドのXiaomi 11Tとの価格差は1万円。

スペックの違いやどちらが自分に合っているのか迷ってしまいますね。

そこで今回の記事ではRedmi note 11 Pro 5GとXiaomi 11Tを徹底比較していきます。

Redmi note 11 Pro 5Gがおすすめな人

・eSIMを使いたい
・microSDを使いたい
・おサイフケータイがないと困る
・スマホ端末は少しでも安い方がよい

Xiaomi 11Tがおすすめな人

・原神など負荷のかかるスマホゲームする
・ゲームや動画をよりキレイなディスプレイで楽しみたい
・動画撮影にもクオリティを求める

本記事を読めば、両機種のスペックの違いがわかり、どちらのスマホが自分にピッタリなのかがわかります。

りくたろ

安く買う方法も紹介するよ!

Xiaomi 11T・Redmi note 11 Pro 5Gの実機レビューはこちらをどうぞ

【10月3日まで】IIJmioで夏の乗り換え応援キャンペーン開催!

まずはスペック全体を比較

Redmi note 11 Pro 5GとXiaomi 11Tのスペックを比較してみました。

機種
Redmi note 11 pro 5G

Xiaomi 11T
価格(税込み) ¥44,800 ¥54,800
サイズ
(幅×高さ×厚さ)
76.1×164.2×8.1mm76.9×164.1×8.8mm
重量202g203g
ディスプレイ6.67インチ有機ELディスプレイ
2400×1800
6.67インチ有機ELディスプレイ
2400×1800
バッテリー5000mAh
67W急速充電
5000mAh
67W急速充電
OSMIUI 13 (Android 11ベース)MIUI 13 (Android 11ベース)
プロセッサーQualcomm
Snapdragon 695 5G
MediaTek
Dimensity 1200-Ultra
メモリ(RAM)6GB8GB
ストレージ容量128GB128GB
メインカメラ1億800万画素1億800万画素
フロントカメラ1600万画素1600万画素
動画撮影フルHD 30FPS対応4K 30FPS対応
スピーカーデュアルデュアル
防水・防塵IP53IP53
5G対応
Wi-FiWi-Fi5Wi-Fi6
Felica/おサイフケータイ
セキュリティ 側面指紋センサー
AI顔認証
側面指紋センサー
AI顔認証
SIMスロットnanoSIMカード+microSDカード
eSIM対応
nanoSIMスロット×2
(microSDカード非対応)
イヤホンジャック端子
ワイヤレス充電
公式サイト公式サイトでチェック 公式サイトでチェック

Redmi note 11 Pro 5GとXiaomi 11Tの価格差は10,000円。

両機種のスペックの違いは下記の通りです。

Redmi note 11 pro 5G の優れている点

・eSIM対応
・microSDカードが使える
・Filica/おサイフケータイ対応

Xiaomi 11T の優れている点

・高グラフィックのスマホゲームもできる処理能力
・カメラ性能
・4K動画撮影に対応
・Wi-Fi6に対応

キレイなグラフィックのスマホゲームをしないのであれば、Redmi note 11 Pro 5Gでも十分なスペック。

動画撮影や動画視聴・スマホゲームによりこだわりたい人にはXiaomi 11T が向いています。

∧目次へ戻る

  

各項目ごとにスペックを比較

サイズ・重さ

機種
Redmi note 11 pro 5G

Xiaomi 11T
サイズ
(幅×高さ×厚さ)
76.1×164.2×8.1mm76.9×164.1×8.8mm
重量202g203g

Redmi note 11 Pro 5GとXiaomi 11T・Xiaomi 11T proのスマホサイズはほぼ同じ。

Redmi note 11 Pro 5Gの方が厚みが10%ほど薄くなっています。

重量に1gの差がありますが、手に持った感覚としてはわからないレベルです。

Xiaomi 11T
redmi note 11 pro 5g

どちらもiPhone13 pro MAX並みのサイズです。

約200gあり慣れるまでは少し重く感じますが、その分大きなディスプレイを搭載しるため動画視聴やゲームに向いています。

Redmi note 11 Pro 5Gはエッジがたっており、iphoneに近い印象です。

∧目次へ戻る

  

ディスプレイの比較

Xiaomi 11T
機種
Redmi note 11 pro 5G

Xiaomi 11T
ディスプレイ6.67インチ
有機ELディスプレイ
HDR
6.67インチ
有機ELディスプレイ
HDR+
解像度2400×18002400×1800
リフレッシュレート120Hz120Hz
ガラスGorilla Glass 5Gorilla Glass Victus

Xiaomi 11Tはディスプレイ評価機関である DisplayMate より A+ の最高評価を受けています。

HDR10+に対応したディスプレイは、色彩の細やかなディテールを表現。

Corning Gorilla Glass Victusで保護されたディスプレイは、 最大 2 メートルの落下にも耐える設計です。

Redmi note 11 Pro 5G

一方でRedmi note 11 pro 5Gはミドルスペックのスマホながら、リフレッシュレートはXiami 11Tと同じ120Hz。

スマホのスクロールがヌルヌルと滑らかになり、動きの多い動画もなめらかに描写できます。

りくたろ

ディスプレイにこだわりがなければ、Redmi note 11 pro 5Gでも十分キレイ。

∧目次へ戻る

  

バッテリー性能の比較 

機種
Redmi note 11 pro 5G

Xiaomi 11T
バッテリー5000mAh5000mAh
急速充電67W急速充電67W急速充電
ワイヤレス充電

バッテリー容量はRedmi note 11 pro 5G・Xiaomi 11Tとも同じ5000mAh。

iPone13の3200mAhと比較して大容量で、丸2日ほどバッテリーが持ちます。

Xiaomi 11T

両機種とも67W急速充電に対応し、実際に40分弱で100%充電できました。

朝起きたときににスマホの充電忘れに気づいても、20分充電すれば日中もバッテリーに困ることはありません。

もちろん急速充電に対応した充電器も付属しています。

両機種とも大容量バッテリー&急速充電で、スマホのバッテリー残量に悩むことはなさそうです。

∧目次へ戻る

プロセッサ・メモリー・ストレージの比較

Xiaomi 11T
機種
Redmi note 11 pro 5G

Xiaomi 11T
プロセッサQualcomm
Snapdragon 695 5G
MediaTek
Dimensity 1200-Ultra
メモリ
ストレージ
6GB
128GB
8GB
128GB
AnTuTuスコア39万点台61万点台

プロセッサ(CPU)はスマホの頭脳であり、性能がいいほど複雑な処理もサクサクこなせます。

Redmi note 11 pro 5Gに搭載されている Qualcomm 製「Snapdragon 695G」は

・シャープ AQUOS sense6s
・OPPO Reno7 A

など、各メーカーのコスパのよいミオドルスペックスマホに搭載されています。

antutu
Redmi note 11 Pro 5G

AnTuTuベンチマークスコアは39万点台とミドルスペック相応の性能です。

Xiaomi 11T AnTuTuベンチマークスコア

一方Xiaomi 11T に搭載されている MediaTek 製「 Dimensity 1200-Ultra 」は、AnTuTuスコアは61万点台と高い処理能力があり、負荷のかかるスマホゲームもこなせます。

りくたろ

Xiaomi 11TのCPUはまさにハイエンドスマホ。

 

内部ストレージはどちらも128GB。

ただしXiaomi 11T はmicroSDカードに対応しないので注意。

アプリをたくさん入れたり動画をたくさん撮る人は、バックアップ先を検討しておく必要があります。

USB OTG対応で、USBへ直接データ転送ができます。

 

∧目次へ戻る

    

カメラ性能の比較

機種
Redmi note 11 pro 5G

Xiaomi 11T
メインカメラ1億800万画素
f/1.9
1億800万画素
f/1.75
超広角カメラ800万画素
f/2.2 視野角118°
800万画素
f/2.2 視野角120°
マイクロカメラ200万画素
f/2.4
500 万画素
f/2.4
動画撮影1080P 30fps対応4K 30fps対応
フロントカメラ1600万画素
f/2.4
1600万画素
f/2.45

両機種ともメインカメラはなんと1億800万画素。

写真のキレイさは、カメラの画素数だけで決まるわけではありません。

とはいえ画素数が高いと、写真を拡大したいときにも便利です。

xiaomi 11Tで撮影
xiaomi 11Tで撮影
xiaomi 11Tで撮影
xiaomi 11Tで撮影

Redmi note 11 Pro 5GもSNSに投稿すると映える写真を撮れます。

Redmi note 11 Pro 5G
Redmi note 11 Pro 5G

Redmi note 11 pro 5Gはハイエンドスマホ並みのカメラ性能を持っています。

実際に同じシーンを比較してみました。

before画像 after画像
before画像 after画像

Redmi note 11 Pro 5Gは彩度が強めでXiaomi 11Tよりビビットな写真になります。

個人的には実際に目で見る色に違いXiaomi 11Tの方が好みです。

動画撮影はXiaomi 11Tが1歩リード。

4Kにも対応し、「オーディオズーム」を搭載。

カメラのズームにあわせて、自動的に音量を調節してくれます。

難しい設定や編集をすることなく映画のワンシーンのような映像が撮影できます。

りくたろ

手ぶれ補正もしっかりきくので、動画も撮りたいならXiaomi 11Tだね。

∧目次へ戻る

 

  

FeliCa/おサイフケータイの比較


Redmi note 11 pro 5G

Xiaomi 11T
FeliCa
おサイフケータイ

Redmi note 11 pro 5GはFeliCa/おサイフケータイ対応です。

スマホでSuica・楽天Edy・nanacoなどが利用できます。

電車に乗るときやコンビニの支払い時に、財布を出さなくてもスマホをかざすだけなのでとっても便利。

FeliCa/おサイフケータイを頻繁に利用するなら、Redmi note 11 pro 5G択一です。

∧目次へ戻る

 

防水防塵スペックの比較

機種
Redmi note 11 pro 5G

Xiaomi 11T
防水・防塵IP53IP53

Redmi note 11 pro 5G・Xiaomi 11Tの防水・防塵性能はどちらも「IP53」です。

IPX3の防水機能と、IP5Xの防塵機能は下記の通り。

  • IPX3:垂直方向から左右60°までの角度で10分間散水を行い、浸水がない
  • IP5X:粉塵が内部に侵入せず、若干侵入しても正常運転を阻害しない

IP53は「雨が降っても大丈夫」「砂埃があっても大丈夫」のレベル。

水没には対応できませんが、普段の生活で使用で困ることはありません。

  

対応バンドの比較

機種
Redmi note 11 pro 5G

Xiaomi 11T
5Gn3/28/41/77/78 n1/3/5/7/8/20/28/38/40/41/66/77/78
4G
1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20
/26/28/38/40/41/42

1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20
/26/28/32/38/40/41/42/66
対応キャリアドコモ
au
ソフトバンク
楽天モバイル
ドコモ
au
ソフトバンク
楽天モバイル

Redmi note 11 pro 5G・Xiaomi 11Tとも今後主流となる5Gに対応

両機種とも4大キャリア「ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル」回線すべてで使用できます。

各キャリアのバンド状況は下記のとおり。

NTTdocomo 対応バンド

4G:band1(◎)、3(◎)、19(◎)、21(×)、28(◎)、 42(◎)
5G:n78(◎)、n79(◎)

<docomo回線おすすめ格安SIM>
IIJmio OCNモバイル ahamo

 

au 対応バンド

4G:band1(◎)、 3(◎) 、11(×)、18(◎)、26(◎)、28(◎) 、41(◎)、42(◎)
5G:n77(◎)、n78(◎)

<au回線おすすめ格安SIM>
BIGLOBEモバイル QUモバイル

 

ソフトバンク 対応バンド

4G:band1(◎)、3(◎)、8(◎)、11(×)、28(◎) 、41(◎)、42(◎)
5G:n77(◎)

<softbank回線おすすめ格安SIM>
Y!mobile LINEMO

 

楽天回線 対応バンド

4G:band3(◎)、18(◎)
5G:n77(◎)

<楽天回線おすすめ格安SIM>
楽天モバイル

∧目次へ戻る

  

Redmi Note 11 Pro 5Gを安く買う方法

 番号そのままのMNP乗り換えができるなら、格安SIMへの乗り換えでスマホ本体も安く購入できます。

格安SIM
Redmi note 11 pro 5G

Xiaomi 11T
ギガプランMNP限定特価
税込42,98022,800
ギガプランMNP限定特価
税込47,850円→税込27,800
新規契約→28,300円
乗り換え→22,800
MNPで5,000円OFF
税込47,939円→42,438円
最大19,000円分ポイント還元
税込み42,980円→実質23,980

格安SIMのプラン比較

IIJmioはその場で現金値引きとなり、またMNP乗り換え手続きも15分でできます。

IIJmioの口コミ評判が気になる方は、【忖度なし】IIJmioユーザー100人に聞いた口コミ・評判まとめをあわせて読んでみてください。

【忖度なし】IIJmioユーザー100人に聞いた口コミ・評判まとめ

オンラインショップでは、下記のセールで安く購入できます。

少しでも安く買いたい方は【保存版】Xiaomiを安く買う方法・セール情報まとめを参考にどうぞ。

 

∧目次へ戻る

Redmi Note 11 Pro 5G vs Xiaomi 11T 比較まとめ

本記事では、Xiaomiのフラグシップスマホ「Redmi Note 11 Pro・Xiaomi 11T」を徹底比較しました。

2機種のスペック比較は下記の通り。

機種
Redmi note 11 pro 5G

Xiaomi 11T
価格(税込み) ¥44,800 ¥54,800
サイズ
(幅×高さ×厚さ)
76.1×164.2×8.1mm76.9×164.1×8.8mm
重量202g203g
ディスプレイ6.67インチ有機ELディスプレイ
2400×1800
6.67インチ有機ELディスプレイ
2400×1800
バッテリー5000mAh
67W急速充電
5000mAh
67W急速充電
OSMIUI 13 (Android 11ベース)MIUI 13 (Android 11ベース)
プロセッサーQualcomm Snapdragon 695 5GMediaTek Dimensity 1200-Ultra
メモリ(RAM)6GB8GB
ストレージ容量128GB128GB
メインカメラ1億800万画素1億800万画素
フロントカメラ1600万画素1600万画素
動画撮影フルHD 30FPS対応4K 30FPS対応
スピーカーデュアルデュアル
防水・防塵IP53IP53
5G対応
Wi-FiWi-Fi5Wi-Fi6
Felica/おサイフケータイ
セキュリティ 側面指紋センサー
AI顔認証
側面指紋センサー
AI顔認証
SIMスロットnanoSIMカード+microSDカード
eSIM対応
nanoSIMスロット×2
(microSDカード非対応)
イヤホンジャック端子
ワイヤレス充電
公式サイト公式サイトでチェック 公式サイトでチェック

Redmi Note 11 Pro 5GとXiaomi 11Tは共通する項目も多いですが、それぞれのおすすめな人は下記のとおりです。

Redmi note 11 Pro 5Gがおすすめな人

・eSIMを使いたい
・microSDを使いたい
・おサイフケータイがないと困る
・スマホ端末は少しでも安い方がよい

Xiaomi 11Tがおすすめな人

・原神など負荷のかかるスマホゲームする
・ゲームや動画をよりキレイなディスプレイで楽しみたい
・動画撮影にもクオリティを求める

グラフィックのキレイなスマホゲームを楽しみたい、動画撮影にもこだわりたいならXiaomi 11Tがおすすめです。

スマホゲームはあまりせず、SNS・動画視聴がメインであれば、Redmi note 11 Pro 5Gがおすすめ。

自分にあったXiaomiスマホを選んで、Xiaomiライフを楽しみましょう。

りくたろ
りくたろ

両機種で気になることがあれば、気軽にコメントください

  

Xioamiスマホを安く買うならIIJmioがお得

Xioamiスマホを安く買いたいなら、IIJmioが一番お得。

10 /3までにMNP乗り換えすると、Xiaomiスマホが最大2万円引きに。

初期費用も半額キャンペーン中!

数量限定

IIJmioの口コミ・評判が気になる方はこちら
>>IIJmioユーザー100人に聞いた口コミ・評判まとめ

【Xiaomi 11T:レビュー】使い手を選ぶ尖った爆安ハイエンドスマホ 【Redmi Note 11 Pro 5Gレビュー】カメラ性能&コスパを求める人に最適なスマホ 【保存版】Xiaomiを安く買う方法・セール情報まとめ  Xiaomi Redmi note 10 proレビュー【日本版Redmi note 10 pro:レビュー】3.5万円でハイスペックを体感できるスマホ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA