ピリン系とは?これを読めばピリンはこわくない!

ピリン系はこわくない

こんにちは!りくたろーです!

 

https://i1.wp.com/rikutaro.com/wp-content/uploads/2019/08/necchusyou_face_girl21.png?w=880&ssl=1
患者

私、ピリン系のくすりにアレルギーがあるんですけど、この薬は大丈夫そうですか?

 

患者さんからそういわれたことありませんか?

患者さんからピリン系がダメですと言われたり、患者さんの初回問診票でピリン系アレルギーありと書いてあったりすることがあります。

りくたろーも薬剤師をしてきて、今まで数名、ピリン系アレルギーがあるとおっしゃる患者さんに出会いました。

でもピリン系の薬って何があるんだっけ??頭に思い浮かばない。。

薬剤師になり数年たったはずなのに、りくたろーはピリン系のくすりに自信がありませんでした。

でも、ピリン系の薬を調べてみるとピリン系にビビる必要はないことがわかりました!

そんな訳で今回、ピリン系のくすりについて調べた記事です。

この記事を読めばピリン系はこわくない!

そもそもピリン系とは?

ピリン系とはピラゾロン骨格を含むくすりのことです。

ピラゾロン骨格をもつピリン系薬剤とはピラゾロン系の解熱鎮痛剤をさします。

代表的な成分にはスルピリンやイソプロピルアンチピリンがあります。

 

それでは非ピリン系ってなに?という疑問がでてきます。

非ピリン系薬剤はその名のとおりピリン系ではない解熱鎮痛剤のことです。

つまり、ピラゾロン骨格をもたない解熱鎮痛剤です。

NSAIDsやアセトアミノフェンが非ピリン系薬剤にあたります。

ですのでNSAIDsであるロキソニン(ロキソプロフェン)やカロナール(アセトアミノフェン)は非ピリン系解熱鎮痛剤になります。

アセトアミノフェンとトラマドールの合剤であるトラムセットも非ピリン系ですね。

ちなみにNAIDSであるアスピリンは、名前にピリンとついていますが、ピラゾロン骨格をもたないのでピリン系ではありません。

ピリン疹とは?

ピリン系のくすりで注意しなければならないのがピリン疹です。

ピリン疹とはピリン系解熱鎮痛薬に対する過敏症であり、ピリン系薬による薬疹(薬が原因でおこる湿疹)のことです。

ピリン疹のような副作用がみられたため、現在はピリン系薬剤の処方をほとんどみかけることがなくなっています。

ピリン系の成分の入っている医療用医薬品 まとめ

SG配合顆粒はピリン系薬剤です
引用:シオノギ製薬
商品名成分名剤形適応
スルピリンスルピリン粉末急性上気道炎の解熱
メチロンスルピリン注射緊急解熱
(多剤が無効・投与不可の場合)
SG配合顆粒イソプロピルアンチピリン 150mg
アセトアミノフェン 250mg
アリルイソプロピルアセチル尿素 60mg
無水カフェイン 50mg
顆粒感冒の解熱など
ミグレニンアンチピリン:カフェイン:クエン酸
=90:9:1
粉末頭痛
クリアミンA1.0錠イソプロピルアンチピリン 300mg エルゴタミン酒石酸塩 1mg
無水カフェイン 50mg
(クリアミンS0.5錠は上記の半分)

錠剤片頭痛
緊張型頭痛

スルピリンやミグレニンは薬局でみかけることは、まずありません。

処方せんでみることがあるとしたらSG配合顆粒とクリアミンくらいです。

クリアミンは一昔前、片頭痛の治療薬としてよくつかわれていましたが、

  • 悪心・嘔吐の副作用がよくみられる
  • 服用のタイミングが難しい(片頭痛の前兆期)
  • より使いやすいトリプタン製剤の登場

により今ではほとんど処方されることがなくなりました。

片頭痛の患者さんに新規処方で使われることはまずなく、クリアミンを使っている人は昔からの服用者くらいだと思います。

ピリン系のOTC(市販薬)一覧

ピリン系解熱鎮痛剤は医療用医薬品だけではありません。

ピリン系薬剤であるイソプロピルアンチピリンがスイッチOTCの成分となっているため、OTC(市販薬)にもピリン系薬剤があります。

イソプロピルアンチピリンが解熱鎮痛剤の成分であるので主に感冒薬(風邪薬)に入っています。

商品名 販売元 
サリドンA第一三共ヘルスケア
サリドンWi第一三共ヘルスケア
セデス・ハイ塩野義製薬
セミドン顆粒全薬工業
プレコール持続性カプセル第一三共ヘルスケア

ピリン系薬剤であるイソプロピルアンチピリンが入っているOTCの一覧です。

上記のOTC薬の中ではセデスハイが一番有名ではないでしょうか?

セデスハイはピリン系薬剤がはいっています
引用:シオノギヘルスケアHPより

ちなみにセデスのなかでもセデス・ハイとセデス・ハイGの2つがピリン系薬剤配合です。

シンセデス錠、セデス・キュア、セデス・ファーストにはピリン系薬剤ははいっていません。

同じセデスシリーズでもピリン系が入ってたり入ってなかったりします。
このあたりがOTC薬品のややこしいところです。

セデスの場合は「ハイ」とついているものにはイソプロピルアンチピリンがはいっていると覚えておきましょう!

OTC(市販薬)でもピリン系含有商品は減ってきている

OTCでも一昔前にくらべるとピリン系含有の商品が減ってきています。

大正薬品の「パブロン」シリーズや第一三共の「ルル」シリーズ、武田薬品の「ベンザブロック」シリーズ、ライオンの「バファリン」シリーズにはピリン含有製品はありません。

ちなみにりくたろーのいる薬局では、ピリン系薬剤のOTC薬品はあつかっていません。

理由はピリン系アレルギーの確認もれがあっても大丈夫なようにと、イソプロピルアンチピリンでない他の解熱鎮痛剤でも代替できると考えるからです。

イソプロピルアンチピリンにダントツすぐれた解熱鎮痛効果があるなら販売することもあると思いますが、経験上、他の解熱鎮痛成分と比べてもかわらない印象だからです。

イソプロピルアンチピリンがロキソニンやアセトアミノフェンに比べ、優れているというエビデンスをみたこないです。
(勉強不足でもしあるようなら教えて下さい)

まとめ

ピリン系薬についての記事はいかがだったでしょうか?

ピリン系薬剤はなんとなくこわいというイメージだけが先行しているように感じます。

医療用医薬品には5種類しかピリン系薬がはいっているものしかありません。

処方量もすくないため、注意しておくのはSG配合顆粒だけです。

OTC薬に関しても数は多くありませんし、パッケージにピリン系やIPA(イソプロピルアンチピリン)と書いてあるのですぐに判別できます。

OTCの場合は、指名買いの方以外はピリン系薬含有製品を販売しなければ問題なし。

ですので、ピリン系アレルギーということばを必要以上に警戒することはないと思います。

それでは、今回はこのへんで!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

補足情報や誤字脱字などの指摘があればコメント欄より宜しくお願いします!

コメントを残す