【10月11日まで】Amazonオーディブル2か月無料キャンペーン
いま話題の聴く読書の使い方・解約方法はこちら

【Mi Watch Lite vs Mi Watch】Xiaomiスマートウォッチ日本語版発売の2種を徹底比較!

Mi Watch vs Mi Watch Lite

Xiaomiのスマートウォッチがほしい。
でも「Mi Watch Lite」と「Mi watch」ってどこが違うんだろう??

今回の記事では公式日本語版が発売となる「Mi Watch Lite」と「Mi Watch」を比較していきます。

  

こんにちは、Xiaomi(シャオミ)ファンのりくたろです。

2020年(第3四半期・第4四半期)にスマートフォンの世界シェアで第3位となったシャオミ。

そんな勢いのあるシャオミが、2021年にスマートウォッチでも本格的に日本へ進出します。

2021年2月に「Mi Watch Lite」「Mi Watch」の公式日本語版が発売されることが発表になりました。

ただこの2種類、名前が似ていて、違いがわかりにくいですよね。

りくたろ

ディスプレイの形以外にどこが違うのかよくわからない。

そこで今回の記事ではシャオミのスマートウォッチ「Mi watch」と「mi Watch Lite」のスペック違いを徹底比較してきます。

機種価格(税込)サイズ重さ
ストラップなし
ディスプレイ解像度常時表示ウォッチフェイスバッテリー容量バッテリー持ち動作温度防水性能スポーツモード位置測定SpO2健康モニター
Mi watch lite
7480円41.0×35.0×11.921g1.4インチ
TFT液晶
320×320120+230mAh9日(通常使用)0~35℃5ATM11種GPS・GLONASS心拍・睡眠・呼吸トレーニング
Mi watch
miwatch
12980円45.9×53.4×11.832g1.39インチ
AMOLED
454×454100+420mAh16日(通常使用)-10~45℃5ATM117種GPS・GLONASS
GaLileo・BDS
心拍・睡眠・呼吸トレーニング
バイタルサイン・ストレス

 

りくたろ

どっちも価格以上に性能が高いスマートウォッチだよ。

  

この記事を読むと、Mi WatchとMi Watch Liteの違いがわかります。

どっちを購入しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

 

サイズ・重さの比較

Xiaomi

サイズ
(縦×横×厚み)
重さ
miwatchlite
Mi Watch Lite
41.0×35.0
×11.9mm
21g
(ベルトあり 35g)
miwatch
Mi watch
45.9×53.35
×11.8mm
32g
(ベルトあり 48g)

Mi Watch Liteの21gはスマートウォッチの中でも最軽量クラス。

単三電池1本(23g)よりも軽いです。

軽いので、時計を付けていることを感じさせない着け心地。

一方、Mi Watchは32gでスマートウォッチとしては標準的な重さです。

Mi Watch Liteの1.5倍の重さになっている分、多機能になり、バッテリーの容量も増えています。

Mi Watchはベルト込で約50gありますが、ウォッチの重さが腕にすっとのってくる感じで着け心地は良好です。

 

ディスプレイサイズの比較

Xiaomi

ディスプレイ解像度
miwatchlite
Mi Watch Lite
1.4インチ
TFT液晶
320×320
miwatch
Mi watch
1.39インチ
AMOLED
454×454
mi watch liteのディスプレイ

Mi Watch Liteはスクウェア型の1.4インチTFTカラー液晶です。

スマートウォッチとしては十分キレイなディスプレイ。

明るさ自動調節機能もついています。

Mi watchはスマホのディスプレイに多く採用されている有機ELディスプレイ(AMOLED)です。

コントラストがよりハッキリ写し出され、タッチパネルも反応がよくスマホ並のキレイなディスプレイになっています。

 

ディスプレイ表示の比較

Xiaomi

ウォッチフェイス常時表示絵文字対応
miwatchlite
Mi Watch Lite
150+
miwatch
Mi watch
150+

Mi watch Lite・Mi Watchともウォッチフェイスは約150種類あり、さまざまなシーンに対応できます。

Mi watch liteのウォッチフェイスはこちら↓

 


Mi watchのウォッチフェイスは、フォーマルに対応できるデザインも多く用意されています。

Mi watchのウォッチフェイスはこちら↓

毎日ウォッチフェイスを変えても4ヶ月以上楽しめます。
これだけあれば飽きることがありません。

公式日本語版Mi Watch Liteの絵文字対応

Mi watch Lite・Mi Watchとも絵文字に対応のため、LINEなどのメッセージが絵文字つきで確認できます。

ただすべての絵文字に対応しているわけではありません。

またMi Watch Liteは常時表示できませんが、Mi Watchは常時表示に対応です。

Mi watchの常時表示は、ウォッチフェイスに固有ではなく、常時表示として8種類から選べます。

  

バッテリー性能の比較

Xiaomi

バッテリー容量バッテリー持ち
(通常使用)
miwatchlite
Mi Watch Lite
230mAh9日
miwatch
Mi watch

420mAh

16日

mi Watch Liteのバッテリーは通常使用で9日間です。

1週間以上のロングバッテリーで、充電も週1回ですみます。

Mi watchはLiteよりバッテリー容量が1.8倍になっており、通常使用で16日間も持ちます。

いつ充電したのか忘れてしまうレベルのバッテリー持ちです。

充電が週1回であれば、充電によるストレスもありません。

Xiaomi公式サイトによるノーマルユース定義は下記のとおり。

Mi Watch Liteノーマルユースモード

・睡眠モニタリング

・30分間隔の心拍数モニタリング

・歩数計測

・1日100件通知メッセージを受信

・1日2件アラーム設定

・ディスプレイを1日50回オン

・1日1回スマートフォンと同期

・週1回35分屋外での運動モニタリング

 

Mi watchノーマルユースモード

・24 時間の心拍数モニタリング

・睡眠モニタリング

・ストレスモニタリング
・バイタルサインモニタリング
・歩数計

・1 日 100 件通知メッセージを受信
・1 日 2 件アラーム設定
・1 日 20 回ウォッチをチェック
・1 日 1 回スマートフォンと同期
・週 2 回、 30 分間屋外で運動モニタリング

実際にMi watch Liteで通常使用に近い環境で使用して、だいたい12~15%ほどのバッテリー消費です。

Mi watch Liteでも1週間はバッテリーが持ちますよ。

 

スポーツモード・防水性能を比較

Xiaomi

スポーツモード防水位置測定
miwatchlite
Mi Watch Lite
11種5ATMGSP
GLONASS
miwatch
Mi watch
117種5ATMGPS
GLONASS
Galileo
BDS

mi Watch Liteは11種類のスポーツモードに対応しています。

Mi watchの117種類と比較すると見劣りしますが、普段の運動では11種類あれば十分です。

11種類のスポーツモードで、ジムで行う運動もほぼカバーしています。

Mi Watch Lite 11種のスポーツモード
  • ウォーキング
  • 屋外ランニング
  • トレッドミル
  • 屋内サイクリング
  • 屋外サイクリング
  • フリースタイル
  • トレッキング
  • トレイルラン
  • プールスイミング
  • オープンウォータースイミング
  • クリケット

 

Mi watchは117種のスポーツモードがあり、球技や武道にも対応してます。

ウォータースポーツ航海、パドルボード、ウォーターポロ、その他のウォータースポーツ、水上スキー、カヤック、ラフティング、ボート競技、パワーボート、フィンスイミング、ダイビング、アーティスティックスイミング、シュノーケリング、カイトサーフィン
屋外スポーツロッククライミング、スケートボード、ローラースケート、パルクール、ATV、パラグライダー
トレーニング踏み台昇降マシン、踏み台昇降、ステッパ、コアトレーニング、柔軟性、ピラティス、体操、ストレッチ、強度、クロストレーニング、エアロビクス、フィジカルトレーニング、ウォールボール、ダンベル、バーベル、ウェイトリフティング、デッドリフト、バーピー、シットアップ、ファンクショナル・トレーニング、上半身、下半身、ABS、バック
ダンススクエアダンス、ベリーダンス、バレエ、ストリートダンス、ズンバ、フォークダンス、ジャズダンス、ラテンダンス
ボクシングボクシング、レスリング、武道、太極拳、ムエタイ、柔道、テコンドー、空手、キックボクシング、剣道、フェンシング
球技サッカー、バスケットボール、バレーボール、野球、ソフトボール、アメリカンフットボール、ホッケー、卓球、バドミントン、テニス、クリケット、ハンドボール、ボウリング、スカッシュ、ビリヤード、バトミントン、ビーチサッカー、ビーチバレー、セパタクロー
ウィンタースポーツアイススケート、カーリング、その他のウィンタースポーツ、スノーモービル、アイスホッケー、ボブスレー、ソリ
レクリエーション
スポーツ
アーチェリー、ダーツ、乗馬、綱引き、フラフープ、たこ揚げ、釣り、フリスビー
その他のスポーツ乗馬スポーツ、陸上競技、自動車競技

 

防水性能はMi watch Lite・Mi Watchとも5ATM(5気圧防水)で、スイミングや雨が降った時にも使用できます。

また2種ともGPSに対応しています。

Mi Watch Liteは7000円台のスマートウォッチありながらGPS対応しているのには正直驚きです。

Mi watchは4種の衛生電波(GPS・GLONASS・Galileo・BDS)に対応で、もはやカーナビクラスの位置測定機能をもっています。

ただ街中でランニングするくらいであれば、Mi WATCH・Mi WATCH LiteのGPS性能の差はみられませんでした。

登山・キャンプなどに頻繁に出かけなければ、Mi WATCH LiteのGPSでも満足できます。

mi watch lite

GPSトラッキングはウォーキングやランニング時の1kmごとに通知してるので、トレーニングの質が向上します。

 

ヘルスモニタリングの比較

Xiaomi

健康モニタリングSpO2
miwatchlite
Mi Watch Lite
睡眠モニタリング
心拍モニタリング
呼吸トレーニング
miwatch
Mi watch
睡眠モニタリング
心拍モニタリング
呼吸トレーニング
ストレスモニタリング
バイタルサインモニタリング

Mi Watch Liteは睡眠・心拍数をモニタリングできます。

Mi watchではさらにストレスやバイタルサインもチェックできます。

またMi WatchはSpO2(血中酸素濃度)を測定することができます。

 

音声通話・音楽保存はできない

Xiaomi

音声通話音楽保存スマホの
音楽操作
Amazon
Alexa
miwatchlite
Mi Watch Lite
miwatch
Mi watch

Mi Watch・Mi Watch Liteともスピーカーは非搭載です。

スマートウォッチで通話できませんが、誰から着信があるのかを確認できます。

またMi Watch・Mi Watch Liteともスマートウォッチに音楽保存はできません。

スマホで再生している音楽をスマートウォッチから操作することはできます。

Mi WATCHは日本語のAmazon Alexaに対応。

Alexaと連携すれば、Mi watchからカレンダーに予定を追加したり、アラームを設定できます。

 

Mi watch Lite vs Mi watch 比較まとめ

機種価格(税抜)サイズ重さ
ストラップなし
ディスプレイ解像度常時表示ウォッチフェイスバッテリー容量バッテリー持ち動作温度防水性能スポーツモード位置測定SpO2健康モニター
Mi watch lite
6800円41.0×35.0×11.921g1.4インチ
TFT液晶
320×320120+230mAh9日(通常使用)0~35℃5ATM11種GPS・GLONASS心拍・睡眠・呼吸トレーニング
Mi watch
miwatch
11800円45.9×53.4×11.832g1.39インチ
AMOLED
454×454100+420mAh16日(通常使用)-10~45℃5ATM117種GPS・GLONASS
GaLileo・BDS
心拍・睡眠・呼吸トレーニング
バイタルサイン・ストレス・

今回はシャオミのスマートウォッチMi Watch Lite Mi Watchを比較しました。

Mi Watch Lite・Mi Watchはどちらもコスパ抜群なスマートウォッチです。

どちらを買っても損はないですが
・スマートウォッチは初めて
・予算は1万円以下
・軽くて着け心地のよいスマートウォッチがいい
このような人にはMi Watch Liteがおすすめです。

Mi WatchはLiteより5000円ほど高くなりますが、
・スマホ並のキレイなディスプレイ
・1週間余裕でもつバッテリー
・117種のスポーツモード
・SpO2測定
・常時表示に対応
・日本語のAmazon Alexa対応
と所有欲をみたしてくれるポイントがたくさん。

本格的なスマートウォッチを求めるならMi Watchで決まりです。

シャオミのスマートウォッチがあれば、運動量・睡眠時間を把握できます。
Mi Watch Lite・Mi Watchで健康的な体を手に入れましょう!

参照
Xiami Japan公式HP「mi Watch 」
Xiami Japan公式HP「mi Watch Lite 」

【日本版Mi Watch:レビュー】1.3万円で有機ELディスプレイ・SpO2まで測定できる 公式日本語版mi watch liteレビュー【公式日本語版Mi Watch Lite:レビュー】期待を裏切らないシャオミのスマートウォッチ 【amazfit GTS2 mini:レビュー】着け心地最高でコスパ抜群のスマートウォッチ! miスマートバンド6レビュー【日本版Mi スマートバンド6:レビュー】たった13gに機能が凝縮で爆売れに納得
Amazonチャージ

Amazonでお得に買い物するならAmazonチャージの利用がおすすめ!

チャージするたびに最大2.5%のAmazonポイントがもらえます。

Amazonチャージ
りくたろ

プライム会員なら使わないと損だね。

 

\公式サイトでチェック/

★現金チャージで最大2.5%分のポイント追加★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA