睡眠剤 名前の由来まとめ

こんにちは。

りくたろーです。

最近よく眠れていますか?

今回は眠剤の名前の由来について調べてみました!

よく眠れるような名前の由来になっているのでしょうか?

それではさっそく見ていきましょう!


ベンゾジアゼピン系睡眠剤(超短時間型)

半減期が2~4時間のベンゾジアゼピン系睡眠薬です

ハルシオン(トリアゾラム)

風と波を静め、穏やかな海にする不思議な力を持つ古代ギリシャの伝説の鳥、Halcyon に由来して いる。(洋名 Halcion® Tablets)

ベンゾジアゼピン系睡眠剤(短時間型)

半減期が6~10時間のベンゾジアゼピン系睡眠薬です

レンドルミン(ブロチゾラム)

眠りにつくことを意味するフランス語 l’endormir に由来する。

ロラメット(ロルメタゼパム)

一般名 Lormetazepam より名称を決定している。 

エバミール(ロルメタゼパム)

とくになし

リスミー(リルマザホン)

自然の睡眠リズム(Rhythm)に近い眠りをもたらすことから,リスミー(Rhythmy)と命 名された。

リスミーにはベンゾジアゼピン骨格がありませんが、ベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されます。代謝によりベンゾジアゼピン骨格ををもつようになります。

 

ベンゾジアゼピン系睡眠剤(中間型)

半減期が12~24時間のベンゾジアゼピン系睡眠薬です

サイレース(フルニトラゼパム)

優れた催眠・鎮静効果を有することから、鎮静 silent と優れたことを表す達人 ace より、サイレース® Silece® と命名された。

ロヒプノール(フルニトラゼパム)

製薬企業ロシュ社が創薬した睡眠薬であることから、ロシュ Roche と睡眠薬 hypnotic より、ロヒプノール® ROHYPNOL® と命名された。

ロヒプノールはエーザイに買収され、しばらくエーザイから同一成分が2つの製品名で販売されていました。2018年に販売中止。

ベンザリン(ニトラゼパム)

Benzalin  ベンゾジアゼピンより由来(benzodiazepin + l [中間語呂調整])

ネルボン(ニトラゼパム)

睡眠導入剤として良き(仏語:bon)ねむり睡眠(寝る)をもたらすという意味を含ませている。

ユーロジン(エスタゾラム)

とくになし

ベンゾジアゼピン系睡眠剤(長時間型)

半減期が24時間~の睡眠剤です。 

ドラール(クアゼパム)

とくになし

ダルメート(フルラゼパム)

とくになし

ソメリン(ハロキサゾラム)

フランス語で「睡眠」を表わす「Sommeil(ソメイユ:ローマ神話の Somnus“眠りの神”による)」を基本とし、Benzodiazepine 系化合物であることを示す語尾を接続させて「SOMELIN(ソメリン)」と命名された。

非ベンゾジアゼピン系睡眠剤(超短時間型)

ベンゾジアゼピン系骨格をもちませんが、作用点はベンゾジアゼピン系睡眠剤と同じです。

ベンゾジアゼピン受容部位のω2に対する親和性が、ベンゾジアゼピン系より弱い為、筋弛緩作用の副作用が少ないと言われています。

アモバン(ゾピクロン)

とくになし

ルネスタ(エスゾピクロン)

米国で‘LUNESTAⓇ’の製品名で販売されていることから、国内の販売名を「ルネスタⓇ」とした。 なお、Luna(=月)+Star(=星)が、米国の販売名Lunestaの由来となっている。 

鏡像異性体であるゾピクロンを光学分割して得られたS体の エスゾピクロンの製剤です。
なぜアモバンが30日の投与制限あるのにルネスタにはないんでしょう?


メラトニン受容体作動薬

体内時計つかさどるホルモンであるメラトニンを模したくすりです。

ロゼレム(ラメルテオン)

「健やかな眠りを取り戻し、ばら色の夢を見ましょう」との願いをこめて Rose REMから 名づけられた。

2010年日本発売。効果は弱いが、ベンゾジアゼピンに作用する眠剤より安全性が高いと言われてます。

オレキシン受容体拮抗薬

覚醒系を抑制する新しいタイプの眠剤です。

ベルソムラ(スボレキサント)

美しい眠りという意味を込めて、フランス語で美しいを意味する belle と眠りを意味する sommeil より、ベルソムラ® Belsomra® と命名された。

依存性がベンゾジアゼピン系にくらべ少ないが、催眠効果も弱い印象。


その他の眠剤

ブロバリン(ブロモバレリル尿素)

本剤の有効成分であるブロモバレリル尿素 bromovaleryl urea に由来して、ブロバリン® Brovarin® と命名された。

OTCでもブロモバレリル尿素を含む薬品が販売されていますが、連用により薬物依存、急激な量の減少により離脱症状を生じることがあります。

トリクロリール(トリクロホスナトリウム)

とくになし

エスクレ(抱水クロラール)

とくになし

坐剤と注腸しかありません。見たことありません。

コメントを残す