花粉症におすすめの市販薬6選!【薬剤師がタイプ別に紹介】

花粉症におすすめの市販薬をタイプ別に薬剤師が紹介します

こんにちは、薬剤師のりくたろーです。

ツマと娘が花粉症で、春先になると鼻水・鼻づまり、目のかゆみで苦しんでいます。

ツマ

花粉の時期は外に洗濯ものをほせないわ。。。

花粉症がひどくなると勉強や仕事に集中できなかったり、鼻がつまって夜も寝つけなかったりしてつらいですよね。

東京都福祉保健局が実施している「花粉症患者実態調査」によると都内のスギ花粉症の有病率は48.8%と推定されています。
参考:花粉症患者実態調査報告書‐東京都健康安全研究センター‐

花粉症は「国民病」ともいわれるくらい患者数が増えてきています。

それにともないドラッグストアやAmazonなどのネット通販で買うことのできる市販の花粉症薬もたくさんの種類が販売されています。

たくさん種類があると選択肢は広がりますが、どれを選べはいいかわからなくなりますよね。。

ツマ

たくさん種類があって私にはどの薬がいいのかわからない。。

そこでこの記事では、薬剤師のりくたろーが花粉症の市販薬をタイプ別にわけておすすめを紹介します。

りくたろー

自分にあった薬を選んで、しっかり花粉症対策をしよう!

 

花粉症はなぜおこる?

花粉症はどうしておこるのでしょうか?

花粉症によるアレルギー性鼻炎は、異物に対する防御反応として起こります。

花粉症のヒトは体が花粉を「異物」として認識してしまうので、鼻水・くしゃみにより花粉を体から出そうとします。

花粉症は「花粉を体が異物(アレルゲン)とみなして過剰な反応をおこしてしまう症状」です。

花粉症により鼻炎症状がでるメカニズムを簡単な図にしてみました。

花粉(アレルゲン)が鼻の粘膜に付着
アレルゲンが鼻粘膜のマスト細胞の抗体にくっつく
肥満細胞がヒスタミン(アレルギー誘発物質)を放出
ヒスタミンに鼻の粘膜などが反応し、アレルギー症状があらわれる。

マスト細胞に花粉(アレルゲン)がくっつくことにより、ヒスタミンが放出されアレルギー反応がおこります。
これが花粉症がおこるメカニズムです。

同じメカニズムで目に花粉がつけば目のかゆみになりますし、のどに花粉がつけばのどのイガイガや咳となります。

ツマ

花粉がつないようにすることも重要ね。

花粉症の薬の種類

花粉症のくすりの種類にはどのようなものがあるのか紹介します

花粉症の治療薬はどのようにして花粉症状をおさえるのでしょうか。

花粉症の薬は、マスト細胞から出たヒスタミン(アレルギー誘発物質)が鼻粘膜などにヒスタミくっつかないようにブロックしてくれます。

ヒスタミンがくっつく場所(ヒスタミン受容体)に薬が先回りしてブロックすることで、アレルギー症状を抑えてくれます。

このヒスタミン受容体をおさえる作用を「抗ヒスタミン作用」と言います。

ヒスタミンが鼻粘膜などのヒスタミン受容体にくっつくのをブロックしてくれる抗ヒスタミン薬は第一世代と第二世代に分けられます。

 

第1世代の抗ヒスタミン薬の特徴

第1世代は名前のとおり、古い世代の抗ヒスタミン薬です。

第1世代の抗ヒスタミン薬は作用が強く、効果の発現も早いですが、眠気や口の渇きなどもでやすいといった特徴があります。

くすりが脳内(中枢神経)にも作用するため眠気がでやすくなります。

ヒスタミンは脳内では覚醒状態を保つために作用しています。
その作用が抗ヒスタミン薬により抑えられるため眠気につながるのです。

また、くすりの一部はコリン受容体にもくっつきアセチルコリンの働きの邪魔をします。
これを抗コリン作用と呼びますが、この作用が口の渇き・眼のかすみなどの副作用につながることがあります。

また抗コリン作用があるため、第1世代の抗ヒスタミン薬は緑内障,前立腺肥大による排尿困難がある場合には通常使用できません。

ただ抗コリン作用には鼻水・くしゃみを抑える効果もあるため、よく効くと感じる方も多いです。

代表的な第一世代の抗ヒスタミン薬はこちら ↓

第一世代の抗ヒスタミン薬

・ジフェンヒドラミン塩酸塩

・クロルフェニラミンマレイン酸塩(ストナリニS)

・カルビノキサミンマレイン酸(パブロン鼻炎カプセルSα)  など

※成分名 ( )の中は商品名

ツマ

第一世代の抗ヒスタミン薬は、よく効くけど眠くなるのね!

 

第二世代の抗ヒスタミン薬の特徴

第2世代の抗ヒスタミン薬は第1世代の抗ヒスタミン薬を改良したもので、2000年ごろから登場しました。

クスリを脳内へ移行しづらくしたので、第1世代の抗ヒスタミン薬と比べ眠気がでにくくなりました。

またヒスタミン受容体への選択性を高めてコリン受容体へくっつきにくくしました。そのため、口の渇きがでにくいです。

りくたろー

第2世代の抗ヒスタミン薬は、眠気・口の渇きなどの副作用を出にくくした薬だよ。

 

第二世代の抗ヒスタミン薬の代表的なくすりはこちら ↓

第二世代の抗ヒスタミン薬

フェキソフェナジン(アレグラFX)

ロラタジン(クラリチンEX)

セチリジン(コンタック鼻炎Z)

エピナスチン(アレジオン20)

エバスチン(エバステルAL)     など

※成分名 ( )の中は商品名

りくたろー

第1世代と第2世代の抗ヒスタミン薬の違いをまとめてみるよ。

効果の強さ・速効性眠気・口の渇き
第1世代の抗ヒスタミン薬出やすい
第2世代の抗ヒスタミン薬第1世代にやや劣る出にくい

 

花粉症におすすめの市販薬

花粉症薬の市販薬でおすすめは第二世代の抗ヒスタミン薬です。

花粉症治療のガイドラインにおいても初期治療や軽症から第2世代の抗ヒスタミン薬を使用することが推奨されています。
「鼻アレルギー 診療ガイドラインー通年性鼻炎と 花粉症ー2016年度版」

病院で処方される花粉症治療薬も多くが第2世代の抗ヒスタミン薬で、同じものを市販薬で購入することができます。

 

眠気の出にくいタイプ(第2世代の抗ヒスタミン薬)

眠気が出にくいといわれる第二世代の抗ヒスタミン薬の中でもとくに眠気の出にくいものは、「アレグラFX」と「クラリチンEX」です。

アレグラFX

花粉症の市販薬でもっとも有名な薬ではないでしょうか?

嵐の大野君がアレグラ星人として登場しているCMが花粉症シーズンにはよく流れています。


医療用医薬品として処方されるアレグラ錠60㎎と同じ成分・成分量の市販薬がアレグラFXです。

アレグラFXは使用上の注意に「乗物又は機械類の運転操作をしないでください(眠気等があらわれることがあります。)」との記載がありません。

それほどアレグラは第2世代の抗ヒスタミン薬の中でも眠気の出にくい薬です。

・1日2回
・107円/日  
・15歳以上

 

クラリチンEX

 

医療用医薬品のクラリチン錠10mgが2017年に市販薬になったものがクラリチンEXです。

クラリチンの成分であるロラタジンが医療用と同じ量入っています。

クラリチンEXもアレグラFXと同じように、とくに眠気がでにくいタイプの薬です。
使用上の注意に「乗物又は機械類の運転操作をしないでください(眠気等があらわれることがあります。)」との記載がありません。

強さとしてはアレグラよりちょっと弱めな印象ですが、服用回数はアレグラより少なく1日1回です。

クラリチンEXは市販薬となって日が浅いため、要指導医薬品となっており、アマゾンなどのネット通販ではまだ買うことができませ

MEMO
クラリチンFXは2021年ごろ、アレグラなどと同じように第2類医薬品になりネット通販で購入できるようになると推測されます。

・1日1回
・200円/日
・15歳以上

りくたろー

クラリチンEXは、薬剤師のいる薬局やドラックストアで購入しましょう。

 

しっかり効果がほしい(第2世代の抗ヒスタミン薬)

眠くなりにくくしっかり効果がほしい場合は、第2世代の抗ヒスタミン薬の中でも、 「アレジオン20」や「コンタック鼻炎Z」がおすすめです。

 

アレジオン20

アレジオン20は医療用医薬品のアレジオン錠20㎎と同じ成分・成分量の市販薬です。

アレジオン錠の成分であるエピナスチンが医療用医薬品と同じ量入っています。

1日1回ねる前の服用で24時間効果が持続するので、仕事などで忙しい人でも飲み忘れなく花粉症を抑えることができます。

・1日1回 寝る前に
・103円/日
・15歳以上

コンタック鼻炎Z

コンタック鼻炎Zは、医療用医薬品のジルテック錠10㎎と同じ成分・成分量の市販薬です。

アレジオンと同じく1日1回ねる前に服用するだけで24時間効果が続きます。

コンタックシリーズのCMは女優の広瀬すずさんを起用しており、コンタック鼻炎Zも広瀬すずさんが出ています。

・1日1回 寝る前に
・108円/日
・15歳以上

つらい花粉症状をすぐに抑えたいなら第一世代の抗ヒスタミン薬もあり

花粉症がつらく今すぐ症状を抑えたいという時には、速効性のある第一世代の抗ヒスタミン薬がおすすめです。
ただし、第二世代の抗ヒスタミン薬と比較して眠気や口の渇きが出やすいため注意しましょう。

ストナリニS

第1世代の抗ヒスタミン薬のクロルフェニラミンマレイン酸塩に加え、鼻づまりに効果のあるフェニレフリン塩酸塩が入っています。

第1世代の抗ヒスタミン薬は作用時間が短いため、1日2~3回の服用となっているものが多いです。

しかし、ストナリニSは胃でとける外層と腸でとける内核の二重構造をしているため1日1回の服用でも効果が持続します。

・1日1~2回
・1日およそ38円(1日1回の場合)
・15歳以上

鼻炎薬A「クニヒロ」

鼻炎薬A「クニヒロ」はクロルフェニラミンに加えて鼻づまりを解消する成分PSEが配合されています。

第一世代の抗ヒスタミン薬である d-クロルフェニラミンマレイン酸塩に加え、欧米諸国で実績のある「塩酸プソイドエフェドリン」を配合しています。

塩酸プソイドエフェドリンは、交感神経に作用して鼻粘膜の血管を収縮させることで鼻づまりを解消します。

花粉症で鼻づまりがひどい方におすすめです。

ただし、塩酸プソイドエフェドリンにより心臓病・高血圧や糖尿病、甲状腺機能障害の診断をうけた方、前立腺肥大による排尿困難のある方は服用できなくなっているので注意しましょう。

・1日3回
・1日あたりおよそ75円
・7歳以上 

まとめ

今回は、ドラックストアやAmazonなどの通販で買える市販の花粉症薬をタイプ別に紹介しました。

花粉症をおさる抗ヒスタミン薬には第1世代と第2世代があります。

第1世代の抗ヒスタミン薬は速効性があり効果も高いですが、眠気などの副作用がでやすいです。

そんな第1世代の抗ヒスタミン薬を改良したものが第2世代の抗ヒスタミン薬であり、花粉症におすすめの薬は第二世代の抗ヒスタミン薬です。

第二世代の中でもとくに眠気のでにくいものは「アレグラFX」「クラリチンEX」です。
仕事で車の運転や危険な作業がある方におすすめです。

眠気がでにくくよりしっかり効果がほしい方には「アレジオン20」や「コンタック鼻炎Z」がおすすめです。

ひどい花粉症で今すぐ症状を抑えたい方には、第1世代の抗ヒスタミン薬がおすすめです。ただし眠気や口の渇きに注意しましょう。

花粉症状がでてきたらすぐに服用をはじめて、花粉シーズンがおわるまで継続すれば症状がひどくならずにすみます。

自分にあった花粉症薬を選んで、花粉症をひどくすることなく花粉シーズンを乗り切りましょう!

慢性頭痛におすすめの市販薬を紹介慢性頭痛におすすめの市販薬4選【薬剤師が解説】子供の解熱剤のおすすめを年齢別に紹介【子供の解熱剤】市販薬のおすすめは?パパ薬剤師が年齢別に紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です